任意後見契約と事務委任契約









 任意後見契約を締結する際に、任意後見契約以外の事務委任契約を締結するケースがあります。


しかし・・・


 その「事務委任契約」は、本当に必要なものなのでしょうか。多くの場合、まだ判断能力が低下する前からすべての財産を受任者に預けてしまうようです。

 すべての財産を預ける必要などあるのでしょうか。

 「不動産の処分」や「その他重要な財産の処分」の権限まで与えているケースもあるようですが、そこまで委任する必要があるのでしょうか。



〜事務委任契約は委任者本人が
受任者を監督しなければなりません。〜


 契約をする皆さんが納得して締結しているのならいいのですが、多くの方がその意味もわからないまま契約を締結しているようです。

 任意後見契約に基づいて後見が開始された場合には、家庭裁判所が選任した任意後見監督人が後見人を監督しますので安心ですが、単なる事務委任契約では、そういった者がいませんので、本人が受任者を監督しなければなりません。




任意後見契約

 認知症などの影響によって、委任者の判断能力が低下してしまったときに、はじめてその効力が生じます。
 ただし、効力を生じさせるためには、家庭裁判所へ申立てをして、後見人を監督する者を選任してもらう必要があります。


事務委任契約

 判断能力が低下しているわけではないが、現時点から、財産管理等をしてもらう必要がある場合に契約を締結します。
 この時点では家庭裁判所は関わっていませんので、委任者自身が受任者を監督する必要があります。



〜金融機関の取引を委任する場合には
金融機関に確認してから・・・〜


 たとえば、事務委任契約を締結して、銀行預金などの引き出しを頼んだとします。

 しかし、たとえ、委任契約の内容を公正証書としていても、金融機関で受任者(代理人)が引き出せるとは限りません。その都度、委任状を要求する金融機関もあります。

 まずは、金融機関にどのようにすれば代理人が預貯金を引き出すことができるのかを確認してください。

 金融機関によっては、事務委任契約が通用しない場合があります。
 わざわざ金融機関に出掛けていかなくとも、電話で詳しく説明してくれるはずです。

 せっかくお金をかけて公正証書にしたのに、それが通用しないのでは無駄になりますので、十分に注意して頂きますようお願いします。

 任意後見契約との違いは、このようなところにもあります。



付属の事務委任契約は
任意後見契約ではありません。


 専門家と称する者の中には、「事務委任契約」、つまり、任意後見契約とは直接関係のない契約をセットであると考え、「必ず必要なもの」として勧める者がいます。

 このごろは、専門家に限らず、親族もがそのような契約を締結し、財産を自由にしてしまおうと考えるようになってきたようです。

↓

 ご自分で判断する能力があって、行動する能力もある方が財産管理を頼む必要があるのかをお考えください。


たとえば・・・


「施設に入所していて、誰かに入所費用等の支払いをしてもらわなければならない」という特別の事情があるのであれば別ですが、ご自分で判断できる能力があって、行動できる能力があるのでしたら、他者に頼む必要はないのかと思います。

 「自分でできることは自分でやる」ということを常に考えられた方がよろしいかと思います。



何がセットにされているのでしょう・・・

多くの場合


@ 「財産管理に関する事務委任契約」
A 任意後見契約
B 「死後の事務委任契約」

の3つを3点セット

 そのせいで、これらすべてが任意後見契約であると勘違いされている方が多くいらっしゃいますが、「財産管理に関する事務委任契約」や「死後の事務委任契約」は、任意後見契約とは別個のものです。

 さらに、C 遺言 を併せて4点セットなどと称して勧められるケースもあります。


 本当に必要なのであれば、何点セットでも構いませんが、「必要ない」というのであれば、無理に契約を締結することはありません。

 それぞれの契約に報酬を支払わなければなりませんので、無駄な報酬を支払うことのないよう気を付けなければいけません。

 あとから「何でこんなことにお金を払うのだろう?」と疑問に思うことのないように十分に検討すべきです。

 疑問に思った時には、受任者との信頼関係もなくなってしまう可能性もあります。

 そうなってしまうと、契約締結からそれまでの行動や報酬等の支払いが無駄になってしまいます。

↓

≪多くの場合、任意後見契約で使用する代理権目録をそのまま事務委任契約の代理権目録として使用しています。「報酬に繋がればいい」というかなり適当な考えで契約を済まそうとしている者も多いので気を付けましょう。≫







尊厳死

遺   言



任意後見契約締結手続のご依頼


任意後見制度の利用
(任意後見制度トップ)



成年後見


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続きは、弁護士・司法書士にご相談ください。
 (当事務所でもご紹介いたします。)

090-1609-1514


カスタム検索