任意後見契約
任意後見契約締結から後見開始まで









本   人
(委任者)



任意後見契約
信頼できる者
任意後見受任者



任意後見契約書の作成

任意後見契約書文例

任意後見契約締結に当たって


信頼できる者・・・


 親族(お子さん・兄弟姉妹など)が一番信頼できる方かと思われますが、中には親族がいらっしゃらない方や何らかの事情で親族に頼むことができない方もいらっしゃいます。

 そのような場合には、「弁護士などの法律家」や「社会福祉士などの福祉の専門家」にも委任することができます。



↓
判断能力が低下してしまった場合
 一般的には、医師の診断によって、法定後見でいう「補助」以上に該当すると判断された場合といわれています。
↓
任意後見監督人の選任申立て
 任意後見受任者は、任意後見監督人の選任を家庭裁判所へ申立てます。
↓
任意後見監督人の選任
 家庭裁判所によって、任意後見人を監督する任意後見監督人が選任されます。これによって受任者は任意後見人と呼ばれるようになります。
↓
任意後見開始
 任意後見人は、任意後見契約に基づく後見を開始します。


 任意後見制度はあくまで契約が基礎となっているため、本人が信頼できる者に自分の将来を託すことができるだけでなく、援助してもらう内容についても、より柔軟に本人の意向に沿った取り決めを行うことができます。

 任意後見制度は、現在は健全な判断能力があるものの将来において判断能力が低下した場合に備えて、自分のライフプラン(生活設計)を決めておき、その実行のために予め後見人となる者を決めておこうという制度です。







こんな場合はどうしたらいいか・・・

判断能力が低下する前から財産を管理してもらう必要がある。

自分が死んだ後の葬儀のことや埋葬のことを頼みたい。



最低限知っておかなければいけないこと・・・

任意後見契約締結に当たっての注意等



尊厳死

遺   言



任意後見契約締結手続のご依頼


任意後見制度の利用
(任意後見制度トップ)



成年後見


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続きは、弁護士・司法書士にご相談ください。
 (当事務所でもご紹介いたします。)

090-1609-1514


カスタム検索