任意後見の優先と法定後見開始の審判








 任意後見と法定後見とでは、任意後見による保護が優先されます(登記されていることが条件)。


任意後見契約が締結されていると・・・。
↓
判断能力の低下
↓
法定後見の申立てをしても
任意後見契約が優先されます。

 任意後見契約書が見つからない場合でも、任意後見契約が締結されていると登記されていますので、どのような内容の契約が締結されているかがわかります。


任意後見監督人の選任申立手続き



 ただし、任意後見契約が効力を生じた後、本人の判断能力がさらに低下して、代理権だけでなく同意権・取消権も必要となった場合など、家庭裁判所が、本人の利益のために特に必要があると認めるときに限り、家庭裁判所に法定後見開始の審判を求めることができます。


たとえば、訪問販売の被害に遭うようになってしまったら・・・
↓
法定後見開始の申立て


 法定後見開始の申立ては、民法規定の申立権者のほか任意後見受任者、任意後見人又は任意後見監督人もすることができます。
 法定後見開始の審判を受けた場合は、任意後見契約は終了します。







尊厳死

遺   言



任意後見制度の利用
(任意後見制度トップ)



成年後見


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続きは、弁護士・司法書士にご相談ください。
 (当事務所でもご紹介いたします。)

090-1609-1514


カスタム検索