任意後見制度の利用方法
将 来 型









任意後見制度の利用方法・・・将来型

 判断能力を有する本人が、将来、自己の判断能力が低下したときに備え、任意後見契約を締結し、判断能力が低下した時点で任意後見監督人選任を申立て、任意後見人による保護を受けようという基本の型です。

 しかし、任意後見受任者が、日頃より本人の状況を把握できる者であれば問題ありませんが、そうでない場合には、任意後見監督人選任の申立てが遅れたり、申立てがなされない危険性があります。


将来に備えて
任意後見契約の締結
↓
判断能力の低下
↓
任意後見監督人選任の申立て
↓
後見開始


 任意後見契約は任意後見監督人が選任されてはじめて効力が生ずるため、任意後見監督人選任の申立てから実際に選任されるまでの契約の効力が生じていない間の本人保護をどうするかが問題となるといわれています。

 しかし、もともと信頼できる者に委任しているはずですから、ほとんど問題ないように思われます。



尊厳死

遺   言



任意後見制度の利用
(任意後見制度トップ)







成年後見


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続きは、弁護士・司法書士にご相談ください。
 (当事務所でもご紹介いたします。)

090-1609-1514


カスタム検索