任意後見制度の利用

編集:行政書士岡戸事務所







 任意後見制度とは、任意後見契約に基づき、委任者(本人)が受任者(任意後見受任者)に対し、認知症や脳梗塞等の障害により判断能力が不十分な状況における「自己の生活、療養看護及び財産の管理に関する事務」の全部又は一部を委託し、その委託に係る事務について、受任者に代理権を付与するものです。


任意後見制度とは?

任意後見契約

任意後見監督人の選任申立て

任意後見の優先と法定後見開始の審判

任意後見人の職務

任意後見契約の終了・変更等




任意後見とは何か。
任意後見契約締結で注意してもらいたいこと。

任意後見契約と事務委任契約
「任意後見契約」はわかるけど、セットといわれる「事務委任契約」とは?

任意後見契約は本当に必要か?
任意後見契約のトラブルが多発しています。

任意後見契約以外の事務委任契約が必要か?
事務委任契約のQ&A


財産管理をするということは・・・
 財産管理を行うことを勘違いしている方が多くいらっしゃるようです。
 財産管理をするということは、「その財産を自由に使ってしまってよい」ということではありません。




成年後見


カスタム検索