法定後見制度の類型








 法定後見制度は、判断能力の程度によって、「後見」「保佐」「補助」の3つの類型に分けられています。


後見とは・・・

 後見は、認知症や精神障害などの影響により、判断能力を欠く常況にある者(本人)を保護するため、本人に成年後見人を付ける制度です。


保佐とは・・・

 保佐は、認知症や精神障害などの影響により、判断能力が著しく不十分な者(本人)を保護するため、本人に保佐人を付ける制度です。


補助とは・・・

 補助は、認知症や精神障害などの影響により、判断能力が不十分な者(本人)を保護するため、本人に補助人を付ける制度です。



法定後見制度の利用







成年後見


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続きは、弁護士・司法書士にご相談ください。
 (当事務所でもご紹介いたします。)

090-1609-1514


カスタム検索