トップページはここをクリック!

トップ > 新車の買い方・新車情報 > FAQ

1)納車の際、何に注意した方が良いの?

商品とお金を引き換えるのが納車の目的です。ですので、商品の確認と清算が確実にできることがポイントになります。
商品で確認しなければいけないのは、傷、グレード&オプション、操作方法、アフターサービスといったところです。傷の有無をきちんと確認することを考えると、納車のタイミングは好天時になります。降雨時や夜間はできるだけ避けた方が良いでしょう。傷は、この時点で確認しておかないと、後で受け付けてもらえませんので、念入りに確認して下さい。グレードやオプションについては、注文書と付き合わせるのが確実です。操作方法については、担当営業から説明があると思いますが、ご自身で不明に思われることは、その場で何でも質問しておいた方が良いでしょう。アフターサービスについては、保証の内容(含む無償点検)やその範囲、また、メンテナンスで注意した方が良いこと・・・等々を解説してもらいましょう。もし、店頭納車であれば、サービスフロントやサービスマネージャー(工場長)を紹介してもらうと、後々好都合です。
これらが全て滞りなく実施され、ご自身が全てに納得された後、代金をお支払いになり清算を済ませると良いでしょう。その際、収入印紙がきちんと貼られた正しい領収書をもらって下さいね。

ちなみに、たかしさんとPさんから納車について以下のコメントが寄せられています。ご参考まで。

●たかしさん
僕は納車前に営業マンに『絶対に傷をつけないようにくれぐれも気をつけてくれ!』って念を押して おきました。大げさかもしれませんが、傷があったら車を持って帰らせるくらいの気概を持って臨んでください!それと、個人的にディーラーのシール (マツダアンフィニ○○とか東京トヨタとか)を 貼ってほしくなかったので『貼らないで!』って言っておきました。

●Pさん
1)開けれる所は全部開けて下さい。
ボンネット、トランク、ドア、フュエルリッドオープナーなど開け閉めがスムーズにいくか?エンジンルームや、トランク内が異様に汚くはないか?スペアタイヤ、車載工具はちゃんとあるか?チェックして下さい(汚かったら在庫状態の時にぞんざいに扱われていた可能性あり)。
2)「チリ」を確認 して下さい。
チリとはパネルとパネルの隙間の事です。例えば、ボンネットとフロントフェンダーの隙間が均一かどうか・・・です。不均一なら取り付けが歪んでいます。
3)教習時代に戻ったつもりで運行前点検をしてみましょう。
ライト、ウインカー、ホーン、ワイパー(ワイパーは水をガラスにかけてからね♪)テールランプ、電動ミラー等など・・・です。
私独自の点検を1つ・・・。それはブレーキです。方法はいたって簡単↓。
・エンジンを切ったまま、ブレーキを踏む。
・その状態でエンジンをかける。
・「スッ…」とブレーキペダルが引き込まれるようなら正常。
これはブレーキの倍力装置が正常に作動してるかどうかをチェックしています。後は走り出したら何回かブレーキを踏んで効き具合を確認下さい。ブレーキは命綱。是非やっておくべきでしょう。


←前のページへ戻る


トップ > 新車の買い方・新車情報 > FAQ

(C)K.Hori , All rights reserved
良質なメルマガ - 新車を買うのは厄介?- お気に入り