正しい運転を求めていますか? 6/6

←PREV  1_クルマ社会と私たち 2_準備編 3_走法編 4_作法編 5_実例編 6_おわりに  NEXT→
keiji Clip Board (TOP)に戻る  やっぱり車って夢がある♪(目次)に戻る
|
Internet Explorerでは、この色の語句を ポイントすると 簡単な解説やアドバイス(?)が ピョコンと表示されます。 
〔 おわりに 〕 

長かったでしょう…(笑)〔おわりに〕の文字を見て、ホッと されたかも…(爆)
ここまで一字一句も見落とさずに?読んでくださった貴方は本当にエライ!感謝の極みです。

では さいごに(^^;ゞコレの常習犯はアウト!という、自動車の運転例を幾つか…。
つまり、日頃から深い考えも無いまま不必要に 自分勝手に行っているようでは、運転者と
しての評価に、大きなマイナスの点が付くと云わざるを得ないような運転(操縦)の例です。

●酔っぱらい運転や過速走行、右コーナーでインに切り込む他の危険な走行
●格好つけや暇つぶしのドライブなど、お世辞にも必要だとは云えない走行
●道路上での無配慮な減速や停・駐車などで、他の交通を妨げる
●急な上り坂でも、平坦地なみの速いスピードで登る
●急な上り坂でも、鋭い加速で追い越す
●考えなしの無用な急発進や急加速
●道路状況に沿って正しく走る車を、鋭い加速で追い越す
●道路状況に沿った正しいスピードを知らない、或いは無視したままの走行
●平坦地でも、登坂時のようにエンジンを高回転まで回して走る
●他人の車(勤める会社の車など)などを、雑に荒く乗る
●停車時の無用な空ぶかしや、長時間の無用なアイドリング
●正しく走る車に対して、後ろから煽ったりクラクションを鳴らすなどの威圧行為
●故意に騒音を撒き散らすなどの迷惑行為
●その他、他者のことを考えない自己中な運転

いつも これらに該当しているようでは、運転者としての資質が問われる以前に、人としても
恥ずかしいです。心当たりの有る方は、全身全霊で改善するよう努力してください。上記の
ような事柄でマイナスの点を取り続けるのはホントに赤っ恥ですから、先ずは0点レベルに
まで登る努力してください!(^へ^;)そう、自己中とムダ多きは無能の証と心得て!!

運転できない人は運転しては成らない…。実に当たり前の事ですが、現実には運転しては
成らないような人が実際にハンドルを握り、日本中を平然と走り周っている…。
それは まるで、アナザーワールド…。でも、そのアナザーワールドを正転させるため、まず
あなたが正しい運転を先導しないと…!

因みに私の運転は、正しい運転を必至に求めてはいるものの、ミスも少ないとは云えない
ので、10点満点中 5点くらいかなぁ…!?(^へ^)ゞ「もっと低いわバカたれっ」←天の声
あと、荷物や場所や時間、経済的な都合などで公共交通を選べない場合が多々あるので、
車の使用目的という点が適正でない場合が有りますねぇ…(貧乏で仕事が多いのは辛い)
公共交通は、もっと安く、時間や場所、荷物などの融通が利くように成ってもらわないと…。


当ホームページに挙げた「正しい運転」を全ての自動車の運転者が実践していれば、消費
される全体的な自動車用 燃料の20%以上は削減される!(燃費もおトク)と断言しましょう。

貴方が今までに排出してきた二酸化炭素による温暖化への影響は0.00…何℃でしょう?
少なくとも、0℃では無いことは確かです。(もちろん私が与えた影響も、0では有りません)
運転時の省エネも、世界中の人のために、そして大切な貴方自身のために必要なのです。

燃料消費量の低下に伴うガソリン スタンドの売上げ低下分は、燃料消費量の低下に比例
した値上げで補間する…といった即応的な対応も、本気で やれば出来るハズです。

正しい運転を実践した場合の 移動時間に関しては、異常な運転(アクセルをペタンと踏み
込んでロケットスタート→次々と追い越す→急ブレーキで停車の繰り返し)の常習犯を除く、
国道を涼しい顔で流している?大多数の人たちの運転と比べれば、市街地などでは殆んど
変わらないか、まあまあ遅くなる(信号が切り変わるタイミングが悪い場合など)でしょう。
長距離の移動では、少し〜 けっこう遅くなるでしょう。でも、「遅いのはイヤ!」などと云う
ワガママは通りませんので…。(^ヘ^;

なお、ハイブリッド車では、正しい運転に拠る自車の燃費改善 効果は薄いかも知れません。
でも、自分の車(タイヤやブレーキ、バッテリー等)の損耗を軽減させ、多くの他車の燃費を
改善し、安全度を向上させることを思い、どうか気持ち良く、正しい運転を求めてください。

ちなみに、未熟ながら正しい運転を求めている 私の場合は、10・15モード燃費(いわゆる
カタログ燃費)が18.0km/L である軽乗用車(まだ燃費向上のための改造を施していない
どノーマルで、5速M/T フルタイム 4WD)を、約 19.5〜21.5km/L にて運用しています。
タイヤも、走行4万キロを越えていますが、まだまだ溝は残っています。

なお、給油一回あたりの 私の平均的な運用経路は、10%未満の市街地 走行と 積算700m
〜1000m程度の登坂が ほぼ毎回コンスタントに含まれています。積算2300m程度の登坂
給油2〜3回に一回は含まれます。

もし、正しく運転することが出来ない人の手に、私の車が渡って 私と同じ経路で運用したと
すると、概ね15km/L 未満ではないかと想像されます。(乗り始めた頃の燃費が 15km/L
ていどと過去最悪であったことに、車雑誌などに載っている個人の運転レポートや、周りの
人から聞いた燃費話(?)などを加味して推定しました)

とにかく自分には 燃費節減と安全の向上…♪という大きな利益が有るのですから、正しい
運転や歩行を実践しない手は有りませんよね。浮いた燃料代で、カーナビを購入するのが
お薦めです。カー用品店の他、でんきやで取り付けできる場合も有りますので要チェック♪

因みに プロのレーシング ドライバーが普段どういう風に運転しているか、貴方は ご存知で
しょうか?じつは安全確実で、しかも経済的な、「正しい運転」を実践しているのです。

市販の小型車を、シートや内装などを取り外して 最大限に軽量化した車で試験走行すると
公道でも 50km/L 以上という数値を出してしまう、誇り高きプロ ドライバーの技術と思い。。
「低燃費な車に乗れば済む問題だ」な〜んて思っている貴方は…あー恥ずかしい(^o^;ゞ

上には上が居るものですが、何も この域に達しろと云っているのでは ありませんよ。
(自分に出来ないことを人に やれとは言えない…)

こうして、やれば出来ることが証明されているからには、人として知らん顔する訳には
いきません。先ず正しきを知り、そして求めるのです。

2003/3/16 keiji  .

←PREV  1_クルマ社会と私たち 2_準備編 3_走法編 4_作法編 5_実例編 6_おわりに  NEXT→
keiji Clip Board (TOP)に戻る  やっぱり車って夢がある♪(目次)に戻る