トニオ展 ‐WOMON 2‐

球体関節人形を製作してきたTONIO(トニオ)による、女という生き物への敬愛と悲 哀を込めた作品群。人生の大半で血を流す女性器・命の出入り口としての女性器.強 固な意志で侵入を拒絶する女性器を表現。
「女性が生涯に流す血液と内部組織、人間の主要臓器と脳、これが有るために起きる喜びと虐待〈子宮・卵巣・膣〉を形にした」
展示タイトルWOMON2は、1997年イギリス映画プリーチング(Preaching to the Perverted)での女のセリフ「[私はWOMANじゃない、私はWOMON。男は誘わない」か ら。                トニオ(東京在住) 

2017 02/03〜04/16
Open  13:00〜2:00

メトロギャラリー飯田では、東京在住のアーティスト・トニオの‐WOMON 2‐を開催 しています。輪ゴムで制作された、五臓及び女性特有の生殖器・子宮と脳、計7点、SharArt2016 の入選作品「WOMON 2」、血が付着した生理ナプキン291ケ、痛みと苦しみを輪ゴムを編んで腹から垂れ流した衣装1点、計10点を展示しています

SharArt2016 入選作品「WOMON2」

Metro Gallery IIDA

TONIO Art work  −WOMON 2−  Works on rubber bands

メトロギャラリー飯田
長野県飯田市知久町2−1
TEL 0265-52-3719

Copyright 2007-2017 karaokeCity Metropolis. All Rights Reserved