絵師 花山ダンゴ展
花山ダンゴ 略歴

安土桃山時代の作風を追求した織部焼を研究している。
なお、独自に下絵で描く色絵陶器も研究中。
精霊やイキモノたちをモチーフにした造形作品も手掛ける。
食器作りでは、現代の生活にも使いやすく
安全で機能的な陶器作りを目指している。

特に色絵は、絵付けのあと透明釉を施釉。
その後1200度以上の高温で焼成するため
絵付けがガラスコーティングされる。
そのため下絵付けは、上絵付けと比べ
絵付け絵具の重金属等の毒素の流出を
最小限に抑えることが可能である。
また絵柄が保護され、通常の食器洗いをされても
美しさを長く保つことが可能である。

2009年 病気を患い、静養のため陶芸を休止。
2011年から和紙や木の板に絵を描きはじめる。
静養を続けながら、現在まで絵の創作を行っている。
グループ展
2012年3月 イタリア ボローニャ国際絵本見本市 
2013年6月 東京 新川 ギャラリーはね 
「ボローニャのたまご展」
2014年5月 東京 早稲田 ドラードギャラリー          
「手のひらサイズのアート展 」  
07月 東京 新川 ギャラリーはね 
         「ボローニャのたまご展」
11月 東京 早稲田 ドラードギャラリー          
「第4回創作者展」
11月 京都 御寺泉湧寺 鎌倉 建長寺「観〇光展」
〜 妖怪たちが騒ぐので 〜
メトロギャラリー飯田では、奈良県在住のアーティスト 花山ダンゴ展〜妖怪たちが騒ぐので〜を開催しています。百鬼夜行をモチーフに和紙に描かれた極彩色豊かな妖怪たちの作品11点を展示しています。
鮮やかな色彩の乱舞と、画の中から今にも飛び出し騒ぎ始める奇々怪々な妖怪たちに圧倒されます。是非、ご観覧下さい。 

Dango Hanayama Exhibition 〜Because Yokai is fussing〜

Dango Hnayama 
FaceBook

2014/11/24〜2015/01/25

  絵師 花山ダンゴ展 〜 妖怪たちが騒ぐので 〜

Copyright 2007-2015 karaokeCity Metropolis. All Rights Reserved