まつだいの山菜
             まつだいの春は遅い、3月末ようやく山のヘラッコ(斜面)の雪崩が衝いて、山菜が芽を出し始める。
           雪は高い所から消え始め、下の谷まで消えるに2ヶ月ほど掛かるから、山菜採りは結構長く楽しめる。
           たくさんある中の代表的なものを紹介しています。
      現在 55種載せています

                                       アサツキ 
                                            アサツキ(ユリ科ネギ属多年草)
                          若い芽を扱き採り味噌で生食もよし、夏 成長した鱗茎を採集保存、蕎麦の薬味、ネギと同じ使い方が出来る。
                                       
   

                                             エビラフジ(マメ科ソラマメ属多年草)
                            まつだいではアズキナ、アエナと言う、山菜の御三家。軽く茹でおひたし、香ばしく旨い。道路から斜面を
                               上がれば株状に数10本、生えているから直わかる。 冷凍保存食に最適 
                                       ソバナ
                                          ソバナ(キキョウ科ツリガネニンジン属多年草)
                               こちらも御三家の一つ、まつだいではフキタチノノバと言う、軽く茹でおひたしが一番味がわかる。
                                        フキ(フキノトウ)
                                               フキ(キク科フキ属多年草)
                               春一番早い山菜、蕾を採り、天ぷら、胡麻和え、フキ味噌、どくとくの苦味があり漬物として保存もできる。
                                                   
                                        ゴマナ
                                                ゴマナ(キク科シオン属多年草)
                                             春の若芽を摘み胡麻和え、天ぷらが良い。
                                        ヤマハギ
                                                   ヤマハギ(マメ科ハギ属落葉低木)
                                           若芽を摘み革を剥き生で食べられる。渋味があり旨い
                                      ハンゴンソウ
                                            ハンゴンソウ(キク科キオン属多年草)
                                           若芽を茹でお浸し苦味がある。漬物もよい。
                                      イヌビユ
                                            イヌビユ(ヒュ科ヒユ属1年草)
                                   畑の嫌われ者 雑草、おひたし、酢の物、味噌汁の具にも使える。
                                     イタドリ
                                           イタドリ(タデ科イタドリ属多年草)
                             皮を剥き生で食べる、すっぱい味があり旨い。葉はタバコの変わりに吸った事もある。
                                     ジュンサイ
                                           ジュンサイ(スイレン科ジュンサイ属多年草)
                                 軽く茹でて酢の物でたべる、溜池の管理が行き届かなくなり少なくなってきた。
                                      カラハナソウ
                                           カラハナソウ(クワ科カラハナソウ属つる性多年草)
                                        山ホップと言うが天ぷらが一番良い。冷凍保存食 
                                     カタクリ
                                            カタクリ(ユリ科カタクリ属多年草)
                        蕾の開かない若芽を引き抜き茹でて酢の物が一番よい。根に芋状の養分を蓄える塊茎があるが
                                         昔はこれから片栗粉を採ったという。
                                    キクイモ
                                             キクイモ(キク科ヒマワリ属多年草)
                                   根茎の先に芋が付き食用にされる、漬物・煮つけなどに利用できる。
                                      コオニユリ
                                              コオニユリ(ユリ科ユリ属多年草)
                              根茎に葉の変形したユリ根ができ食用にされる、正月のおせち料理など煮物に添える。
                                      ワサビ
                                           ワサビ(アブラナ科ワサビ属多年草)
                             きれいな流水地に生え群生する。根を擂りお刺身に、若葉も軽く茹でておひたしにできる。
                                       クサソテツ
                                            クサソテツイワデンダ科クサソテツ属夏緑シダ)
                            若芽を摘みゆでて胡麻和え、炒め物やドレッシングをかけ食べる。乾燥し保存する人もいる。
                                     ミツバ 
                                             ミツバ(セリ科ミツバ属多年草)
                                            吸い物に添え香りを味わう。
                                    ナンテンハギ
                                         ナンテンハギ(マメ科ソラマメ属多年草)
                          茹でてお浸し、エビラフジと同じ香ばしく美味しい。まつだいでは鍋立山、儀明に多く生えている。
                                     アマドコロ
                                            アマドコロ(ユリ科ナルコユリ属多年草)
                                        根がオニドコロのように芋状となり甘みがあり美味しい
                                     ナズナ
                                             ナズナ(アブラナ科ナズナ属1年草)
                          春の七草の一つ。以前は若芽(根生葉)を汁物の具などに食したが西洋野菜等多量の作付けに押され
                                      畑の雑草に格下最近は姿が見られなくなってきた。
                                     ニリンソウ
                                         ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属多年草)
                           若芽をお浸しで食されるが、毒草のヤマトリカブトの若芽に似ているため見分けがむずかしい。
                                    ノアザミ
                                          ノアザミ(キク科アザミ属多年草)
                         若い葉はお浸しで、花は酢の物、葉にとげがあるが茹でると苦にならない、根は漬物として利用できる。
                                    オニユリ
                                           オニユリ(ユリ科ユリ属多年草)
                    コオニユリと同じ、ユリ根をたべる、この種は三倍体で実を結ばないが葉柄脇にムカゴを付け繁殖する。
                                        ムカゴも食べられるが苦味がある。
                                   オオバギボウシ  
                                     オオバギボウシ(ユリ科ギボウシ属多年草) ウルイとも言う
                       若芽をお浸しや汁物に、成長した茎を裂き天日干し、カンピョウにした。保存がきき煮付けなどに利用する。
                                   オオバキスミレ
                                         オオバキスミレ(スミレ科スミレ族多年草)
                                       全草をつみ、お浸し、酢の物でたべる。
                                  オオウバユリ
                                         オオウバユリ(ユリ科ウバユリ族多年草)
                                  根が芋状なので食べられる、少しえぐみがあり、あく抜きが必要
                                  オヤマボクチ
                                         オヤマボクチ(キク科ヤマボクチ属多年草)
                          全草食べられる。葉を乾燥しもみ解し繊維を餅に付き込む又蕎麦の繋ぎとしても利用する。
                                  根は山ゴボウとして漬物や煮つけに利用
                                サワオグルマ
                                          サワオグルマ(キク科キオン属多年草)
                                         若芽をお浸し、酢の物、柔らかい
                                セリ
                                           セリ(セリ科セリ属多年草)
                                          生ものを刻み吸い物に、香りがよい。
                                シナノタンポポ
                                         シナノタンポポ(キク科タンポポ属多年草)
                                      葉をお浸しに花は酢の物、ほうれんそうに似た食味
                                  スイバ
                                        スイバ(タデ科ギシギシ属多年草)
                                 若芽を採り生で食べられる。すっぱい味で美味い。塩付けで保存もできる。
                                  スミレサイシン
                                       スミレサイシン(スミレ科スミレ属多年草)
                                     葉はお浸しで食べられる、根も甘みがあり食べられる。
                                   オニタビラコ
                                        オニタビラコ(キク科オニタビラコ属1年草)
                                                お浸しで食べられる
                                  タチシオデ
                                        タチシオデ(ユリ科シオデ属つる性多年草)
                            早春の芽立ちを採る、ヤマアスパラ等と言い甘みがあり茹でてお浸しやマヨネーズ和え、天ぷらがうまい
                                  トリアシショウマ
                                         トリアシショウマ(ユキノシタ科チダケサシ属多年草)
                                       若芽を茹でて胡麻和え、煮物など乾燥し保存もできる。
                                     スギナ
                                              スギナ(トクサ科トクサ属夏緑シダ)
                                           胞子茎(ツクシ)茎部を酢の物で食べる。
                                  ツリガネニンジン
                                   ツリガネニンジン(キキョウ科ツリガネニンジン属多年草)
                         まつだいではノノバと言う、これも御三家に入る、お浸しが最適、一番好まれる山菜 冷凍保存食。
                                 ツユクサ 
                                         ツユクサ(ツユクサ科ツユクサ属1年草)
                                            酢の物かお浸しで食べる。
                                  ウシハコベ
                                           ウシハコベ(ナデシコ科ハコベ属1年草)
                                    お浸しや汁物の具などでたべる、畑の雑草、農家の嫌われ者。
                                  ウワバミソウ
                                        ウワバミソウ(イラクサ科ウワバミソウ属多年草)
                                ミズナと言い油炒め、茹でて和え物、漬物で保存もできる。冷凍保存食。
                                  スベリヒウ
                                           スベリヒウ(スベリヒウ科スベリヒウ属1年草)
                            葉は肉厚で水分を多量に含んでいる、茹でてお浸し、汁物、茹でると粘液が出て滑りがあり美味しい。
                                   モミジガサ
                                           モミジガサ(キク科コウモリソウ属多年草)
                                        若芽を摘み茹でてお浸し、天ぷらにも利用できる。
                                    ゼンマイ
                                           ゼンマイ(ゼンマイ科ゼンマイ属夏緑シダ)
                                        乾燥し保存食、油炒め、ケンチン汁、煮物などに利用。
                                    ヨモギ
                                           ヨモギ(キク科ヨモギ属多年草)
                        若芽を摘み天ぷら、草餅、薬草としても利用されている。天ぷらに揚げ冷凍庫に保存、夏の暑い時期に
                          素麺に解凍した天ぷらを載せ食べたり春の味覚をいつでも楽しめ重宝です。
                                   ウド
                                             ウド(ウコギ科タラノキ属多年草)
                            若芽を採り煮つけ、漬物、油いため、生で味噌を付け食べる香りも良く好まれる。花と成長芽の柔らかい
                                      部分は天ぷらに上げ7月〜10月頃まで楽しめる。冷凍保存食。
                     
                                           ワラビ(コバノイシカグマ科ワラビ属夏緑シダ)
                                       茹でて和え物、塩漬け、乾燥し保存食にもできる。冷凍保存食。
                                    ヤブカンゾウ
                                            ヤブカンゾウ(ユリ科ワスレグサ属多年草)
                                           茹でて胡麻和えや酢物でたべる。
                                    ヤマブキショウマ
                                         ヤマブキショウマ(バラ科ヤマブキショウマ属多年草)
                                    ハンガンとも言う、トリアシショウマと同じ茹でて和え物や煮物でたべる。
                                   ヤマノイモ 
                                         ヤマノイモ(ヤマノイモ科ヤマノイモ属つる性多年草)
                             自然薯と言い、芋をすりトロロ汁、ヤマカケ、蕎麦の繋ぎにできる。ムカゴも炊き込みご飯に出来る。
                                    ニワトコ
                            ニワトコスイカズラ科ニワトコ属落葉小高木)
                    茹でてお浸し、沢山食べると下痢を起こす。昔は下剤として薬草に用いた。
                                   ウワミズザクラ
                                       ウワミズザクラバラ科ウワミズザクラ属落葉高木)
                    アンニンゴというが蕾を塩付け、苦味があり美味、天ぷらに上げ天ぷら蕎麦も美味、実はアンニンゴ酒として利用できる。
                                   コシアブラ 
                                           コシアブラ(ウコギ科ウコギ属落葉高木)
                                若芽を採り天ぷらに上げ天ぷら蕎麦、天丼に香りも良く美味しい。 冷凍保存食 
                                  タラノキ
                                         タラノキ(ウコギ科タラノキ属落葉小高木)
                                             コシアブラと同じく天ぷらが良い。
                                  チシマザサ(ヤマタケノコ)
                                          チシマザサ(イネ科ササ属常緑低木)
                                     茹でて瓶詰め保存、煮物、茹で汁エキスは酒と合うこれは絶品
                                  ミツバアケビ
                               ミツバアケビ(アケビ科アケビ属ツル性落葉木)
                      細いつる芽を摘み、茹でて卵をかけて食べるも良し、マヨネーズ和えなど、どくとくの苦味があり美味い。高級山菜

                                                  トップページへ戻る