まつだいカタクり

                                      カタクリ救出作戦  まつだいフイ-ルドミュ-ジアム実行委員会 
                              
                         
                        里地・里山は人が長い年月をかけ水田耕作、林業、放牧といった自然の利用を続けた事により形成された
                      環境で、日本の国土の半分を占めるともいわれています。かつて薪炭林に利用された雑木林はどこに行っても
                      人が入る事もなく荒れ放題となり生物の喪失が深刻な状況になっている。 その1つであるカタクリも私たち人の
                      伝統的管理など環境条件に適応し生育してきた、その絆がゆらぎ瀕死の状態に置かれている。
     
                       
                     カタクリの芽ぶき 4月末、雪の多い「まつだい」では雪の消えるのを待てなくて、雪を突き破り芽を出す所が多い。
                              
                                                カタクリの実生(1年生)
                              
                                                     2年生
                               
                                                     3年生
                               
                                             4年・5年・6年生、迄は一枚の葉。
                             

                                
                                              7~8年で二枚の葉と花茎を出す。
                    (今年より来春の葉が大きくなる様に養分を根茎に蓄えるのだが、その年の環境により少ない事もあり一律ではない)
                                 
                        カタクリは種から7~8年かけて花を付け実を結ぶ。周りの背丈の大きい植物の葉が広がり日陰になる前約1ヶ月
                       林床を艶やかに飾り、来季の養分を根茎に蓄え夏・秋は葉茎とも枯れ休眠し春を待つ。


                                                   カタクリの救出作戦
                               
                               

                                                  平成21年地域の有志
                                             晩秋に林内の小雑低木の、なぎ払い
作業
                                
                                 
                                                     平成24年
                        十日町市立 まつだい小学校 緑の少年団 11月林内の小低木の刈取り作業
                                 
                                              小低木を取り除いた翌春の様子
                                     カタクリ救出作戦により、足の踏み場がないほどに群生している。
                                  
                               平成19年実行委員会が中心になりカタクリ救出フイールドワークショップを実施。
                             その後、毎年地域住民も参加し連携しながらカタクリ救出の継続した取り組みになっている。  
                             このカタクリ救出作戦の他に、まつだい小学校、緑の少年団の皆さんからブナの植林作業、草刈り
                             維持作業もお手伝いしていただいている。

                                                     トップへ戻る