入門者および初心者 お薦めCD  

新星堂、HMVなどの大形MUSICソフト屋さんなどのパンフレット、SWING JOURNAL社の出版した本、JAZZに関する本なんぞから、私の好みも少々加味して楽器別に10枚程度づつ選んだものです。
あくまで、JAZZを聞きはじめの人用ですので、親しみやすい。楽しいと言う観点で選んでます。
聞いてみてさっぱり分からんとか頭の痛くなるような物は選ばなかったつもりです。 また、推薦盤はなるべく入手しやすいものにしました。


| トランペット| アルトサックス| テナーサックス| ピアノ(トリオ)| ピアニスト| その他楽器| VOCAL|

推薦度 :この10枚 :25枚コース ☆:余力があれば
 時々、10枚まで買うから、この中から10枚選んでくださいと言うメールが来るので、あくまで目安のために推薦度を設定しています。

聞き方に決まりはありません。たった一人のアーチストだけにはまったり、曲にはまったりすることもあるので、別に推薦どおりににする必要もありません。また、絶対に一般的なJazz教科書とも違うと思います。
 私はプロの評論家でもないし、評論家になるつもりもありません。また、レコード会社の回し者でもないので、好き勝手を言っています。Jazzというすばらしい音楽に接して、皆さん楽しく充実した人生を送ってくれればいいのです。音楽は心の栄養ですから。また、今まで、Jazzを全然知らなかった人にも音楽生活の幅を拡げてて欲しいと思っているだけです。


 トランペット

やはりJAZZ楽器の王様はトランペットなので、トランペットから

Artist Title レーベル 販売元 推薦度
マイルス・デイビス
(Miles Davis)
Workin' Prestige ビクター
エンタテイメント
'Round about Midnight Columbia SME
Someday My Prince Will Come
クリフォード・ブラウン
(Clifford Brown)
Study in Brown Emercy
With Strings
Memorial Blue Note 東芝EMI
リー・モーガン
(Lee Morgan)
Candy Blue Note 東芝EMI
The Sidewinder
ケニー・ドーハム
(Kenny Doham)
Quiet Kenny Prestige ビクター
エンタテイメント
アート・ファーマー
(Art Farmer)
Art Argo

とにかく、PrestigeのMiles DavisとEmercyのクリフォード・ブラウンは何でもいいです。

 アルトサックス

Artistト Title レーベル 販売元 推薦度
チャーリー・パーカー
(Charlie Parker)
With Strings Verve
Now's the Time Verve
アート・ペッパー
(Art Pepper)
Meets The Rhysm Section Contemporary ビクター
エンタテイメント
ジャッキー・マクリーン
(Jackie McLean)
Swing,Swang,Swingin' Blue Note 東芝EMI
4, 5, and 6 Prestige ビクター
エンタテイメント
フィル・ウッズ
(Phil Woods)
Woodlore Prestige ビクター
エンタテイメント
キャノンボール・アダレイ
(Cannonball Adderley)
Somethig Else Blue Note 東芝EMI

神様パーカーは最初はVERVEレーベルから選びましょう。絶頂期と言われるDialもSAVOYもいいのですが,何せ音が悪い。 音の悪さが、気にならなくなる時期がきますので、そのときに聞きましょう。

 テナーサックス

Artist Titile Rabel 販売元 推薦度
ソニー・ロリンズ
(Sonny Rollins)
Saxophone Colossus Prestige ビクター
エンタテイメント
Way Out West Contemporary
ジョン・コルトレーン
(John Coltrane)
Coltrane Prestige ビクター
エンタテイメント
Blue Train Blue Note 東芝EMI
Ballads IMPULSE
ハンク・モブレー
(Hank Mobley)
Dippin' Blue Note 東芝EMI
デクスター・ゴードン
(Dexter Gordon)
Go! Blue Note 東芝EMI
スタン・ゲッツ
(Stan Getz)
Stan Getz Plays Verve
レスター・ヤング
(Lester Young)
Pres and Teddy Verve
コールマン・ホーキンス
(Coleman Hawkins)
Hawkins! Alive! Verve

ソニー・ロリンズはINPULSE以外だったら,何でもいいでしょう。
ジョン・コルトレーンは慣れるまでは決して”BALLADS”以外のINPULSE盤には手を出さないほうがよろしいかと思います。

 ピアノ

ピアノトリオ編

何はともあれ,JAZZって人は、まずピアノトリオからがいいでしょう。
管楽器になじまない人も多いかと思いますので。ハイ

Artist Title Rabel 販売元 推薦度
ビル・エバンス
(Bill Evans)
Waltz For Debby  Riverside ビクター
エンタテイメント
Portrait in Jazz Riverside
バド・パウエル
(Bud Powell)
The Scene Changes Blue Note 東芝EMI
オスカー・ピーターソン
(Oscar Peterson)
We Get Requests Verve
レッド・ガーランド
(Red Garland)
Groovy Prestige ビクター
エンタテイメント
ケニー・ドリュー
(Kenny Drew)
Kenny Drew Trio Riverside ビクター
エンタテイメント
レイ・ブライアント
(Ray Briant)
Ray Briant Trio Prestige ビクター
エンタテイメント
ハンプトン・ホース
(Hampton Hawse)
The Trio Vol.1 Contemporary ビクター
エンタテイメント
キース・ジャレット
Keith Jarrette
Bye Bye Blackbird ECM ユニバーサルジャズ
アート・テイタム
(Art Tatum)
The Art Tatum Trio Pablo ビクター
エンタテイメント

(番外)セロニアス・モンク・トリオ、ウィントン・ケリー枯葉
バド・パウエル、ビル・エバンスはともかくとして,セロニアス・モンクはJAZZファンをやっていくのなら
外せません。ソロものを避けてピアノトリオものからアプローチ

ピアニストのリーダー盤

Artist Title Label 販売元 推薦度
デーブ・ブルーベック
(Dave Brubeck)
Time Out Columbia SME
ソニー・クラーク
(Sonny Clark)
Cool Strutin' Blue Note 東芝EMI
ハービー・ハンコック
(Herbie Hancock)
The New Standard Blue Note 東芝EMI


 その他楽器

Artist Title Label 販売元 推薦度
ドラム アート・ブレイキー
(Art Blakey)
Moarnin' Blue Note 東芝EMI
ギター ウェス・モンゴメリー
(Wes Montgomery)
Full House RIVERSIDE ビクター
エンタテイメント
トロンボーン カーティス・フラー
(Curtis Fuller)
Blues-ette Savoy 東芝EMI
J.J.ジョンソン
(J.J.Johnson)
Dial J.J.5 Columbia SME
コンボ モダン・ジャズ・カルテット(MJQ) Django
(ジャンゴ)
Prestige ビクター
エンタテイメント
ビッグ
バンド
カウント・ベイシー
(Count Basie)
April in Paris Verve
デューク・エリントン
(Duke Ellington)
Popular RCA BMGジャパン

 VOCAL

Artist Title Label 販売元 推薦度
フランク・シナトラ
(Frank Sinatra)
Swing Easy Capitol 東芝EMI
メル・トーメ
(Mel Torme) 
at the Crescendo Bethlehem 東芝EMI
ナット・キング・コール
(Nat 'King' Cole)
After Midnight Capitol 東芝EMI
ヘレン・メリル
(Helen Merrill)
with Clifford Brown Emercy
ペギー・リー
(Peggy Lee)
Black Coffee Decca ユニバーサルジャズ
クリス・コナー
(Chris Connor)
バードランドの子守唄 Bethlehem 東芝EMI
アニタ・オデイ
(Anita O'day)
This is Anita Verve
カーメン・マックレー
(Carmen McRae)
Book of Ballads KAPP ユニバーサルジャズ
ジュリー・ロンドン
(Julie London)
Around Midnight Liverty 東芝EMI


以上が建前の推薦盤
これだけ、名盤が並んでしまうとゲップが出そうです。
でも、一応JAZZを本格的に聞くのなら,最低これくらいは持っていないといけないと言われている分を上げました。片手間ならこれでいいでしょうが,JAZZを聞くのが趣味ですと言いきるにはまだ不足しています。
これだけでは先輩JAZZファンには馬鹿にされます。
 上記、推薦盤をしっかり聞いた上で,特に気に入った人、サイドメンをひたすら,年代順に追っかけていけば、
自分のスタイルが決まると思います。
 JAZZ Musicianは個性で勝負します。
 JAZZファンも個性で勝負しましょう。(好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり言えばいいことです。)

それにしても、レンタルCD屋でも本当にJazzは少ないからね、借りてきいてみるというわけにいかないし、CDショップの試聴盤にしても新作ばかりだから、古い名盤なんて結局、本や私のようなHPの意見を聞くしかないんですよね。だから、選択を間違えないように気を使ってしまいます。

でも、本当はこう言う建前の推薦よりも、本当に「入門のレベルまででいいよ。」と言う人向けの推薦盤があるのです。例えばケニー・ドリューという人の欧州シリーズみたいなもの。僕も最初にこれだったら、2000枚もCD買わなくてもすんだかも分かりません。(^_^;)

 そういうものは、気まぐれSelection で紹介したいと思います。

 

入門者の部屋TOPへ