生野警察のHP(非公式)

[生野警察署からのお願い]
 大阪では,最近,自転車の交通事故が多発しています。
 また,生野区の交通事故の約4割以上自転車の関連している交通事故です。
○ 運転免許のいらない便利な乗り物「自転車」も,オートバイや自動車と同じ車の仲間です。
○ 二人乗りや信号無視,無灯火運転などの交通違反は,大きな事故をまねく原因であり,罰則が適用されます。
○ 自転車に乗るときは,交通ルールを守り,思いやりのある安全な運転に心がけましょう。
交通安全の重点 スローガン
 高齢者の交通事故防止
 夕暮れ時と夜間の交通事故防止対策の推進
 シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 めいわく駐車・放置自転車の追放
 しっかりと ルール守って 事故防止
 身を守る 明るい服と 反射材
 ドアしめて ベルトしめて 気をしめて
 その駐車 あなたはよくても みんなが困る
おおさか交通マナーを高めよう!
大阪府警察・大阪府交通安全協会
 生野警察からのお知らせ<改正道路交通法について>
交通安全ニュース2月号(1月中の交通事故)


緊急 高齢者の交通事故が多発!!

 
駐車車両の間からの横断はやめましょう。
交差点では一旦止まって、左右の安全確認をしましょう。
少し遠回りでも横断歩道を渡りましょう。
 ライトを早めに点灯することで、車や自転車の運転者は視認性を高めることができ、
  周囲にもその存在を早めに知らせることができます。
 自転車の夜間における無灯火運転は禁止されたいます。必ずライトを点灯しましょう。
 歩行者や自転車利用者は、明るい色の服装や反射材の活用に努めましょう。
車に乗るときは、必ずシートベルトを着用しましょう。
6歳未満の幼児を乗せるときには、チャイルドシートを使用しましょう。
車は駐車場、自転車は自転車駐輪場を利用しましょう。
業務車両の持ち帰りはやめましょう。
 「車上ねらい」が多発しています。車内にはバッグなどを置かないようにしましょう。