会長 本部 活動内容 会則
会長あいさつ 連絡先
役員
総会 講演会など 母校事業援助 会則第1〜7章
歴代会長 入会式など 会員名簿 卒業年度対応表

同窓会は、母校の事業を援助しています。近年の主なものについて紹介します。

自由選択制の導入と、福山市移管30周年・創設100周年記念行事を控えて

大望館の建設を陳情
福山市移管30周年、創設100周年を控えて、自由選択制の導入をにらんで、
念願の多目的ホールの建設を含めた「施設設備の整備に関する陳情書」をPTAとともに福山市長に対して提出しました。
その1年4ヶ月後の1999年3月多目的ホールが完成し、「大望館」と名づけられました。



大望館の落成にあわせて
記念庭園の整備
1999(平成11)年5月1日、同窓会とPTAとで、記念庭園を整備しました。
体育館緞帳の寄贈
1999(平成11)年5月1日、同窓会とPTAで寄贈しました。




中高一貫教育校として、福山中学校の開校に際して
開校記念品、新しい校旗の寄贈

中高一貫校のスタートを前にして、2004(平成16)年3月25日、新しい校章をあしらった新しい校旗を、同窓会より寄贈しました。


「三方正面」という先端の飾り。
校章があしらってあります。

「旗棒(ポール)」
螺鈿があしらわれ、とても
豪華できれいです。
(株)住江織物に依頼して製作し、
大変立派な校旗に仕上がりました。
校旗を囲んで、小田会長(右)と門田校長(左)。
校長室にて。