ここでご紹介する10枚の記念乗車券は、明治~大正~昭和の間に
東京という限定された地域で発行されたものです。
中には関東大震災や東京大空襲といった激動の歴史をくぐり抜けて
きた乗車券も!歴史的価値のある(?)乗車券を是非ご覧下さい。 

都電の歴史スタートは馬車鉄道で、東京電車
鉄道ー左記の東京市街鉄道(明治36年9月
開業)-東京電気鉄道の三社合併し東京鉄道
(明治39年9月)となり、後に市有化され東京
市電気局(明治44年9月)とし、昭和18年7月
(1943年)に、東京都になり名称も東京都
交通局と改まった。
この記念乗車券は3年間という短い存続期間
中に発行された貴重品。
関東大震災が大正12年9月1日(1923年)に
起き、このため市電の損害も甚大で、車両焼失
1170両─軌道の破損152Kmに及んだという。
それから7年後に、帝都復興祭が執り行われた
際の記念乗車券。
昭和5年3月24日(1930年)発行。
昭和天皇の御大礼(即位礼)が、昭和3年11月
10日(1928年)に行われ、奉祝記念として
発行された記念乗車券。
上記、御大礼の奉祝記念として発行された
乗合自動車(バス)の記念乗車券です。
ちなみに、即位礼とは天皇がその地位を
受け継いだ後、即位の儀式を行うこと。
紀元二千六百年記念式典は11月5日~25日
にわたり、奉祝提灯、山車、旗行列等が執り行われたものの、この年、昭和15年(1940年)は、
万国博─オリンピックが中止となった。
明治神宮は、明治天皇を祀るために大正9年
11月1日(1920年)に創建されており、鎮座
十年祭記念は、昭和5年(1930年)に執り
行われたものと思われる。
この年3月 東京─横須賀間の牽引を電気
機関車から電車に切り替えられた。
東京の路面電車三社が合併し、東京鉄道となり、明治44年9月1日(1911年)に市営化され、
東京市電気局と改められ、25周年記念として
昭和11年10月(1936年)に、市電なのに
乗合自動車(バス)が記念乗車券を発行したと
いう珍しいもの。この年3月にD51蒸気
機関車が完成する。
馬車鉄の新橋─日本橋間で運転開始。
明治15年(1882年)から85年後に都電に
とって悲劇が待っていた。モータリゼーションの
進展と共に次第に邪魔者扱いされるようになり、
且つ交通局の財政は急激に悪化というダブル
パンチにみまわれ、 第一次、昭和42年12月
10日(1967年)~第六次、昭和47年11月
12日までに荒川線を除き廃止となってしまった。
外装のリベットが印象的な銀座線最初の
1000形車両が更新され、2000形の新型車両
となる。昭和43年4月(1968年)帝都高速度
交通営団発行。この年、2月24日に都電廃止
反対行動があり、都電新宿駅前停留場で学生、
労組員が、都電の屋根に登り、「都電撤去反対」を訴えるなどし、都電各線が混乱したという。
地元の千代田線で、昭和44年12月20日
(1968年)に、北千住─大手町間が開通
しましたが、この時は常磐線と小田急線への
乗り入れはまだであった。 
余談だが、この年ホンダCB750Four、ダックス
・ホンダ、ニッサン・フェアレディZが発売された。
 
Copyright (c) ホビーハウス 富塚商会 All Rights Reserved.