Link
こんなものを食べたい!
エベレスト近影


31歳の時、ビールス性肝炎という思いもかけぬ病を患い、長期の入院生活。いつになったら

下がってくるのか肝数値?こんなことで将来どうなるのかと病院の窓から冬の寒空をボ〜と心細

くながめていました。入院中に縁あって玄米菜食と出会い、ワラをもすがる思いで実践したとこ

ろ、これまた思いもかけぬ回復。退院後、もっと詳しく知りたいと大阪の正食協会や、八尾の

甲田医院の門をたたきました。

そこで、私よりずっと重病の方々が「食べ物と食べ方(食養生)」による目覚ましい回復のいく

つかを目のあたりにし、自分の考えに自信を深めました。そして、自分が体験したようなことを

今病気で困っている人、また健康に自信のない人、そういう方々に一人でも多く体験してほしい

元気になってほしいと願って、グリーンライフを始めました。これが原点です。

 
では具体的に本来の「食べ物と食べ方」とは何でしょうか?それは、農耕民族である日本人が

1000年以上にわたって口にして日本人の「食のDNA」に深く刻まれた、野菜、穀物大豆たん

ぱくを柱にした食生活です。とくに野菜の力。加えて、それらの栽培過程で農薬や化学肥料を使わ

ない、またできるだけ加工を施さず、添加物を使わない、滋養豊かな(より直言すれば「馬力のあ

る」)食べ物が大切です。それと「食べ方」として忘れてはならない.のが「腹八分に病知ら
ずの格

言通り、「腹八分」。

私たちはこういう「ほんとうにいのちを育む食べ物」「腹底から力が湧いてくる食べ物」を消費者に

お届けしたく、良心的で信頼のおける生産者と直接提携しています。また、食品をお届けするだけで

なく、栽培方法や製造の詳細、作り手の人柄や考え方についても毎週の会報で伝えることにより、

「顔の見える関係」を築いています。それと、小規模だからできる、消費者一人一人へのていねいな

対応がモットーです。

みそ教室
グリーンライフサロン

6月14日15日の野菜セット

花房 弘明

グリーンライフの理念
スタッフ紹介