タナゴ釣り指南TOP

タナゴ釣り指南

    「シモリの間隔について」

たなご歴の永い人でもシモリの特性と間隔について、予想外に誤解をしている方が多いのに驚く。
さかなのアタリをとるには浮子が上下するものと、道糸の糸ふけでとるもの、さらに中間的な特徴をもつ渓流の脈釣りとに大別されるが、これは魚の拾餌パターンと流れなどの釣り場状況、更に魚の活性によって効果のよい釣り方が決まるからで、状況に応じた釣り方( アタリのとり方) を知ることは多様な状況下での釣りを可能にするのです。このほかにも
重いオモリを使い竿先に感じるアタリでとる釣り方や、それぞれの中間的な釣り方などがあり、細分化したら大変な種類になる。
 ここでは、タナゴを対象としたシモリ釣りの特徴について解説いたしますが、勿論、タナゴの限らず鮒、モロコ、クチボソやハゼ釣りなどにも応用できることを付記しておきます。
[ タナゴのアタリの特徴 ]
タナゴのアタリの特徴は、浮小を上下するようなアタリよりも先にシモリに現れることが多いことであろう。
しかも、シモリに現れるアタリは実に多様であり、またアタリの大きさも様々である。少々、暴論に過ぎる嫌いはあるが「冬のアタリは小さく」活性の高い「暖かい季節のアタリは大きい」傾向があるが、これとても最近の温度傾向とか流れの有無とかタナゴのプレッシャーによっても変わってくる。
ただ一つ、不変的なものとしてシモリの位置が鈎に近いほど、アタリが確実にしかも早く出易いと事である。しからば、シモリの位置が鈎に近ければ完全かというと、其処には問題がある。
上記のような理由から、最適なシモリの位置は決定されるのであり、その目安としては水の透明度と魚にシモリを食われない位置を考慮する必要が有ります。
更に、透明度を測る目安としてはシモリの一番下か下から二番目のシモリが見えるようにするとよいでしょう。あらかじめ設定したタナの深さにある親浮子と一番下にあるシモリとの間に等間隔でシモリを移動させれば準備はOKです。
 アタリは上下するものよりも、左右にブレたり一瞬シモリが止まったり僅かに食い上げたり様々なアタリの出方が有ります。特に厳寒期の深いタナでのアタリは繊細なものが多く、浮力の狂いに食い仕掛けと絶妙のシモリ調整が釣果を左右します。
 また、シモリの大きさは各人の視力と竿の長さによって決まるものです。理論上は軽い仕掛けで小さなシモリのほうが感度は良いのですが、最優先するのは視認性でしょう・・・
シモリの色ですが、透明度の低い水では黄色やオレンジを夕方には白系を、また透明度が高く晴天の日などでは緑系や赤が見やすいでしょう。
シモリの数ですが50cmの短竿では5個、60cm以上の竿では7個を標準にしています。
よほどの深場で、しかも透明度が高い場所意外では7個以上のシモリの必要性を感じたことは有りません。

                         2009、10、24