気ままな日記 2018 戻る

5月25日 今週は五頭温泉郷で日帰り入浴が半額だったので、全部入ろうと頑張ったが叶わなかった。
五頭はちょっとぬるめで無色無臭、なかなかいい温泉だった。
温泉は夜は入るよりやっぱり昼間に限る。外の景色を見ながら至福の時を過ごせる。
夜は景色も見えないし、混んでがやがやしてとても入る気がしない。
それにしても6日から行方不明になっている親子はまだ発見されていない。
五頭の各登山口全部に、直前にコンビニで買い物した親子が防犯カメラに写っており、その画像が張られていた。
子どもの後ろ姿が、自分の息子の小さい時と重なって心が痛む。
大好きなお父さんとこれから楽しい山に行ってくるはずが・・・
何も知らない子どもは本当にかわいそうだ。
でもお父さんを責められない。
あの日松平山なんかに登らなければよかったのに。
あと2週間時期が遅かったら雪が解けてよかったのに。
「迷ったのでビバークする」と電話があった時、「絶対にそこを動くなよ」と言って、すぐ警察に捜索をお願いすればよかったのに。
さらに、ビバークの翌日「これから下山する」と連絡があった時「絶対にそこを動くなよ」と言って警察に捜索をお願いすればよかったのに。
少なくともその時点では生きていた。
少年自然の家に向かう道路には「松平山登山口」の立派な標識があるのに登山口には上級者向けとなっていた。上級者は登山口の看板は無くても地図を見て行けるはず。「松平山登山口」の標識が無ければよかったのに。
お父さんに少しでも登山の経験があればよかったのに。
迷ったと電話があった時、お母さんにすぐ連絡すればよかったのに。
捜索も縮小された。
葉っぱが繁って3m先も見えない状態になった。
せめてお父さんと一緒にいてほしいと願っている。
5月16日 山へ行くたびに採ってきた山菜が冷蔵庫の野菜室を占領している。
天ぷら、胡麻和え、おひたし、煮物とあの手この手で減らすよう毎日頑張っているがなかなか減らない。
大量にあったウコギは茹でてみじん切りし、スライスしたタマネギに鰹節と一緒にのせて食べてみた。
意外といける。
若い者は山菜はあまり所望ではないらしい。
あの独特な臭みはやっぱり年をとらないと、その良さが分からないだろう。
5月14日 毎日メディアを賑わせていた殺人事件の犯人が今日逮捕された。
殺された小学生のすぐ近くに住んでいたというから驚きである。
殺人をするような人間はどんな育ち方をしたのか是非知りたい。
被害者の親からすれば同じ目に遭わせてやりたいと思うのも当然だろう。
5月9日 新潟市で7日夜列車に轢かれた小学生は事故ではなく殺人事件だったということだ。
何とも恐ろしい。こんな事件が新潟市で発生したなんて本当に驚きだ。
おちおち子供を一人にさせられない。
絶対に犯人を捕まえてほしい。
5月8日 五頭連峰で遭難した親子は今日も発見されなかった。
昨日は雨も降った。
山中で4日目の夜を過ごすのは非常に厳しいと思う。
軽装だったというからなおさらだ。
五頭連峰は我が家から一番近い山。
ヘリが上空を何回も飛んでいた。
5月7日 毎日が日曜日なので大型連休であろうが週末であろうが全く関係ない。
勤めている人はさぞかし大型連休の終わった今日は嫌だろうなと思う。
日本人は働き過ぎだ。
たかが一週間の有給休暇が取りづらいなんて、海外旅行にさえ満足に行けないではないか。
健康寿命は男72歳、女75歳という。
定年が65歳。元気な時なんてあっという間に過ぎてしまいますよ。
5月6日 新潟の五頭連峰で5日に山に入った親子が遭難したと夜のニュースで知った。
五頭山と聞くと初心者の山という印象だが、道に迷ってどんどん藪を下ってしまうと沢が恐ろしいほど深く進退不可能になり、へたをすると滑落してしまうことになる。
五頭山は沢登りの山でもあり、ザイルは必携だ。
また、トレッキングマップにルートが載っている所でも整備されていないところもある。
たとえば、村杉温泉薬師堂から菱ケ岳のルートで村杉口分岐まではルートは載っているが、藪に覆われてルートは分からなくなっていた。
赤安山もあまり通行量が多い所ではないのでどんな状況だったのか。
それとも残雪でルートが分からなくなってしまったのか。
とにかく無事に発見されることを祈ります。
5月3日 YOUチャンとSOUチャンが遊びに来た。
一時もじっとしていない元気なSOUチャンの相手は大変。
このまま健やかに育ってくれることを祈っています。
5月2日 昨年11月、加茂の山城ツアーに参加していて行方不明になった男性が、4月27日遺体で発見された。
実は私もそのツアーに参加していました。
やはり別の方向に進んで登山口に戻れず迷子になったものと考えられる。僅か標高200メートルの高さの山で、どっちの方向に下っても道路に出られたはずなのに、生還できなかったことは残念であるが、こんなところにも遭難の危険があるのだと改めて認識した。
5か月もの間冷たい雪の下にいたわけで、何とも気の毒だ。ご冥福を祈ります。
4月25日 先日採ってきた山菜、タラノメ、コシアブラ、コゴミ、ウド、フキノトウを天ぷらにした。
また、コゴミは胡麻和え、ワラビはあくを抜いてしょうがと共に和え物に。
美味しくて美味しくて堪りません。
「山菜の天ぷら沢山あるから取りに来て」と息子にメールしました。
4月24日 今持っているデジカメキャノンIXYは花のアップがきれいに撮れないので新しいのが欲しいが、今は観光地などでスマホがメインになっていて、カメラを持っている人はほとんでいなくて、したがってカメラもあまり売れないと店員さんが言っていた。
一眼レフは重くて持ち運びに不便だし、それにそろっと終活に入ろうと思っている身なので、写真はあまり溜めないようにしたほうがいいかな。
4月18日 新潟県知事が辞職した。
今流行りの週刊誌報道を受けてとのこと。
東京大学医学部卒業、医師、弁護士資格を持つ輝かしい経歴の持ち主だ。
あんなことで一瞬のうちにすべてパーだ。
理解できませんね。
4月10日 仁和寺の御室桜を見に京都へ行ってきた。
ついでに数多くの寺院や国宝、世界遺産も見学した。
日本に住んでいながら今まであまりそういう所に行かなかったので、今回思い切って回ってみた。
インバウンドは凄い。そこにいる9割が外国人で、日本人はほとんど見受けなかった。
みんなスマホを片手に巡っていて、市バスはほとんど外国人に占められ、まるで海外に行っているような雰囲気だった。
当然お店の人も英語を話すことができ活気があって賑わっていた。
新潟があんなふうになるのはまだまだ先ですね。
というか、あんな風にはなれないわね。
4月9日 サークル仲間のグルメ会。
計画してくれる人には感謝。
女性5人みんな好き勝手なことを言って楽しく過ごした。
ストレス発散には美味しい物を食べるに限る。
時々いい情報も聞けるし。
4月7日 何だか寒い。
満開の桜を見に「すごぼり」に行った。
7分咲きだった。見学していると突然あられが降ってきた。
どうりで寒いわけだ。
4月5日 あなたはネコ派?それともイヌ派?
私は断然ネコ派ですが。
あの愛くるしいしぐさやふわふわのさわり心地は何とも言えません。
世界ネコ歩きというテレビ番組を時々見ますが、世界のネコはどこも変わりありませんね。
ところでイヌはというとあまり好きではありません。
きょうも駐車場の砂場にフンが残されていました。
まったくもう!イヌのトイレ場所ではないのですよ。
4月4日 桜は開花してから一週間後に満開になると言われているが、今年は何ということでしょう。
昨日開花宣言されたばかりの新潟市なのに今日既に満開になっていた。
東京では夏日なのに青森では雪が降っていた。
こんなに狭い日本なのにどうしてこんなに違うのでしょうかね。
昨日もお天気に誘われてカタクリ三昧。白花も沢山有りました。
収穫したフキノトウは布草履を作ってくれた友人にあげることにしよう。
4月1日 今日から4月。
滝桜で有名な三春町は、梅、桃、桜の花が一度に咲き、三つの春が同時にやって来るから三春と呼ばれるようになったと聞くが、今年の新潟は、もうすぐ桜が開花すると梅、桃、桜が同時に見られそうだ。
2月、3月の気温が低かったため梅と桃の開花が遅れ、白山公園では、今満開になっていた。
東京の桜はもう終わり、これから北に移って行く。
3月28日 春休みで遊びに来ているYOUチャンを連れて国上山に登って来た。
天気も良くカタクリが満開でギフチョウも飛んでいた。
新しくなった道の駅国上でお昼を食べ、足湯に浸りのんびり過ごした。
3月26日 角田山の桜尾根を通ったら、おびただしい雪割草が登山道の両脇に満開になっていた。
このコースは私有地で一時立ち入り禁止になったことがあるが、その後雪割草を植えて整備し、ピンクや紫や白の花が今鮮やかに咲いていて綺麗だ。
でも、自生しているものではなく植えたものだから何だか展示会に行っているようで、山としてはちょっと物足りない。
あんなに多くなくてもいいが、山はやはり自然に生えたものが美しい。
3月25日 八ケ岳の阿弥陀岳で滑落事故があり、3人亡くなったという。
冬の赤岳は登ったことがあるが、隣の阿弥陀岳は無雪期しかない。
急峻な山であそこに雪が付いていたら、登るのは相当な技術が必要だと思う。
報道によれば全員ザイルで結ばれて行動していたという。
信じられない。
ザイルで結ぶということは、誰かが滑落した時それをくい止めるるということだが、全員がつながっていたとなれば、いくらベテランでもあの厳しい阿弥陀岳上ではとっさに確保するのは不可能だ。
厳しい所では、一人が行動している時は、必ずもう一人は支点をとって確保態勢に入る。だからザイルで結ぶのは1人か2人以内。
大勢でアンザイレンして登れるほど易しい山と判断したとすれば、道連れになった人は気の毒だ。
3月23日 散歩コースの途中に、以前家畜を飼っていた大きな小屋があり、屎尿が流れていつも迂回していた場所があった。
久し振りに通ったら綺麗に撤去されて、真新しい新築住宅が何棟も建てられていて驚いた。
以前の様子を知っていると、あの汚い場所の上に建てられたことを思うととても住む気がしない。
3月22日 車検があった。
10万キロを超えたので、あちこち修理個所が出て余分な出費になった。
今まで10万キロを超えて乗ったことがなく、最近の車は寿命が長くなったなあと感じる。
それでも日本ではまだ十分乗ることができるのに新しい車に替える。
海外に行くと古い日本車があちこちに走っているのを見る。
本当に動かなくなって修理もできなくなるまで乗り潰す。
知り合いの中で車も持たず、携帯もパソコンも持たない人がいる。
費用が掛かるが、無いとやっぱり不便だ。
3月20日 2月の大雪と大風で古いアパートの外壁が壊れ修理しなければならないが、そういう家が多く出たみたいで業者さんが忙しくてなかなか順番が回ってこない。
まあそんなに急ぐわけではないので、おいおいとやって行こうと思う。
へたに不動産があるとお金がかかって困る。
家なんか無くても借家住まいでも、そっちのほうがかえって後始末が簡単でいいかもね。
3月15日 母の所へ行く前に近くの村岡城址へ行った。
カタクリはまだ早いが、日の当たる場所には雪割草が満開になっていた。
つい先日まで大雪に苦しめられていたのがウソのようなぽかぽかの陽気で、一斉に咲いたようだ。
これからまたカタクリを追いかけて忙しい日々が続く。
3月14日 年金暮らし(正確にはまだもらっていないけど)になると、いかに無駄な出費を抑えるかがポイントになる。
気づかないけど案外掛かっているのが“会費”というものだ。
サークルや習い事などいくつもやっていると、積もり積もって大きなお金になる。
たとえば、月10,000円としよう。一年で12万円、3年で36万円にもなる。
36万円も有ったら5.6回海外旅行に行けると思うと、本当にそれをやる価値があるのか考えてしまう。何だかもったいないなと思い始めた。
え?海外旅行のほうが無駄だって?
3月11日 最近は食料品さえもカードで買うことが多く現金はあまり持たない。
カードで買い物をすると必ず「お支払いはどうしますか?」と聞かれる。
何でいちいち聞くのか煩わしい。
一回払いが当たり前と思って思っていたが、分割払いで支払いする人も結構いるらしい。
最近「リボ払い」というのがある。
注意しなければならないのは、手軽に分割払いで一回の支払を少なくできるが、利息が超高く長期に渡って返し続けなければならなくて、一回の支払いが少ないので又リボ払いで買い物をしてしまうということだ。
某大手銀行でも盛んに「手軽に借りられて一回の返済が少ない」を売りにローンを推奨しているが、それはメチャ高い利息で銀行の一番の儲けになるいう。
カードで買い物するときは必ず「支払いは一回で」と言おう。
それよりも、分割にしなければ払えないような高価な買い物はしないということだ。
3月9日 世の中には忙しい人と暇な人がいる。
忙しい人は忙しい人同士、暇な人は暇な人同士、自然と仲間になるらしいが、それは時間の重みが同じからだという。
現役の頃、周りの専業主婦とは距離を置いていた。やはり時間の重みが違っていたからだと思う。
これからも重みのある時間を過ごせるよう頑張ろう。
3月8日 BMIが25以上だと、とにかく痩せれ痩せれと健康診断の度に言われ続けていたが、ある年齢に達してからそんなにうるさく言われなくなった。
糖尿病や血圧が高かったり、高脂血症があれば従わなくてはならなかっただろうが、何ともなくただ太っているだけだから、それよりむしろ歳を取ったあとに痩せすぎのほうが問題らしい。ある会合に参加した時、95歳だという男性がいた。すたすたと歩き70歳台と思われる体格は全然痩せてなんかいずゴロンとした、BMI25なんかはるかに超えているような体型だった。
基準に当てはまるには10kgも減量しなくてはならないが、そんなに減量したらむしろ健康を損なってしまう。
自分では今の体重が体調もいいしベストと思っている。
言うことを聞いて無理して痩せなくて良かった。
マツコ・デラックス?あれはさすがに太り過ぎでしょ。
3月6日 天気は良かったが気温が低く寒い日だった。
久し振りに散歩に出るとフキノトウが出ていた。
先日はまだたっぷり雪に覆われていたが、あっという間に解け今は全くない。
あの大雪はいったい何だったのだろうかと思う。
さっそくフキ味噌とビールで春を感じるとするか。
3月5日 街歩きで本町界隈に行った。
今まで知らなかった場所に案内してもらった。
新鮮な魚を使ったお寿司や炭火で焼いた魚は美味しい。
特製味噌だれをつけて焼いたハタハタは絶品。
スーパーなんかと全然違う。
美味しい物を美味しく食べれる健康、有難いね。
3月4日 今回の大雪と先日の暴風で実家がどんなになっているか気になって様子を見に行った。
案の定、庭の木々は雪の重みでことごとく折れ、小屋や母屋の古い部分の波板が外れてあちこちに散らばっており、塀も雪の重みで傾いていた。
残雪で家まで車が入れず、雪除けもした。
雪が解けたら破裂した水道と一緒に家も修理しなければならない。
空き家になった実家の管理も大変だ。
でもまだ母が時々帰ってこれるうちは何とか手入れしておきたいと思う。
2月28日 近くの公園に寄ったらオレンジ色のマンサクが咲き始めていた。
あんな寒い冬だったのに、植物はちゃんと春が来るのが分かっているんだね。
2月27日 「古代アンデス文明展」が新潟で行われるというので、前売券を買いにコンビニへ行った。
レジの所ですぐ買えると思って気楽に行ったらそうではない。
今、チケット等を購入するのはすべてコピー機とセットになった機械で入力し、「チケット発券サービス払込票」を打ち出し、それをレジに持って行って前売りチケットを発行してもらってやっと購入できる、何とも面倒くさい購入方法だ。
特に今回は何回やっても該当するチケットが見つけられず、しかたなく店員さんにやってもらったが、若い店員さんでも該当チケットは見つけられなかった。
しかたなく主催者側(新潟県立万代島美術館)に問い合わせた。
これじゃ99%の人が購入できないと思う。
高い当日券を買わせるのが目的か?腹が立った。
2月19日 雪除けでうんざりの新潟から逃れ、地球の裏側エジプトに行ってきた。
三大ピラミッドやスフィンクス、考古学博物館のツタンカーメンの黄金のマスク、多くのミイラ等、謎の多い4500年の歴史に圧倒された。
重機などなかった時代にあの巨大なピラミッドを建設した古代人の英知は凄い。
20年振りに公開されたウナス王のピラミッド内部やクフ王のピラミッドの内部に入ることができラッキーだった。
海外で日本関係のニュースをテレビで見ることはほとんどないが、フィギュアの羽生選手のことは大々的に放映されていた。
2月12日 毎日毎日雪除けでいい加減にしてほしい。
早く春が来るのが待ち遠しい。
今年はどこに桜を見に行こうか、チラシを見ながら思いを馳せている。
2月10日 平昌オリンピックが開幕しました。
今回はメダルいくつ取れるでしょうか。
オリンピックは4年に一度だ。
それにしても葛西選手の8度目のオリンピック出場のほうがメダルより凄いと思うね。
2月5日 暫く雪模様が続くようだ。
実家の水道菅が破裂したので元栓を止めたそうだが、確か実家では電気温水器を使っていたはずだ。
水が通らなくなると電気を止めないと大変なことになるので、猛吹雪の中しかたなく実家へ向かった。
1m位の積雪で玄関にたどり着くのが大変なほどだった。
とりあえずブレーカーを全部「切」にしてきた。
水道とガスは休止にした。田舎なので手数料1000円かかった。
電気もそのうちやろうと思う。
2月4日 降雪18cm、今後2.3日は雪模様だ。
先日の寒波で実家の水道が凍って破裂したらしく、メーターがかなり回っていると連絡があった。
今回の寒波が一段落したら、役場へ減免の手続きに行くとしよう。
早く春が来るのが待ち遠しいね。
1月30日 学生時代の仲良し6人組。
卒業してしばらくは年1回集まっていたが、みんな結婚して子育てや仕事で多忙になり、しだいに疎遠になり年賀状のみになっていた。
あれから40年、仕事や介護も一段落し、また集まろうということになった。
顔のシワも増え、お互い歳取ったね。
1月28日 熊に次いでイノシシが最近人を襲っている。
昨年糸魚川に行った時、あらゆる所の地面が掘り起こされて、それはイノシシの仕業とのこと。
ますます単独で山に行けなくなったわ。
1月26日 道路は圧雪になりツルツルに凍っていた。
こんな時威力を発揮するのが、スパイク付き長靴だ。
どんなに路面が凍っていても全く滑らず安心だ。
冬山用のシャツ、ズボン、フリース、ダウン、パーカー。
これ着ていたら、ロッテアライリゾートの親子連れも助かったかもしれないね。
1月24日 朝の内は日差しもあったが、午後からは次第に吹雪になった。
昨日行った善光寺は国宝で、前回行ったのはちょうど屋根の葺き替えをやっていた時だから10年以上前になる。
今回は「お戒壇めぐり」をした。
これはどういうことかというと、本堂の奥へ進み、階段を下り真っ暗な回廊を通り中ほどに懸かる「極楽の錠前」を探り当てるもの。
明かりは一切なく、壁を触りながらすり足で進まなければならず、初めての場合はちょっと怖い。中がどんなになっているか明かりを点けてみたいがそれは絶対ダメとのこと。
その後、75度の急な階段を上がり山門から本堂を眺めた。
雪の善光寺もなかなかのものだった。
1月23日 大雪を心配したがそれほどでもなく、予定通り格安ツアーで長野に行ってきた。
ちょうど昼前、近くの草津白根山が噴火したと知りビックリ。
災害はどこで起こるか分からない。
善光寺では多くの外国人が訪れていた。
1月21日 いつも利用しているセルフのスタンドでガソリンを入れたら、スロットが運よく当たりマイナス2円になり、136円/Lだった。
ほぼ満タンに入れたので2円は大きい。運が良かった。
1月19日 先日降った雪もほぼ消え、車を走らせるのが楽になった。
今年からあれこれ予定を入れるのは止めて、自分の好きなように余裕のある日々を過ごそうと思う。
今日はE茶屋別館のランチを夫と食べに行った。
平日なので空いていて、リーズナブルで量もちょうどよく美味しかった。
今度はどこに行こうかな。
1月15日 弥彦山の死亡事故は雪崩ではなく、大量の積雪による倒木に巻き込まれたためとのこと。
しかもこの登山道は先日3合目、6合目にも倒木や土砂崩れがあって通行止めになっており注意喚起されていた。
登山は自己責任、充分注意したい。
1月14日 とにかくビックリ。
昨日弥彦山で雪崩が起き、女性1人が亡くなったと新聞で知った。
弥彦山は真冬でも多くの人が登っており、まさか死亡事故が起きたとは驚きだ。
今まで一回だけ雪崩で流されたと聞いたことがあるが、それ以外はこの時期でも何回も登ったことがあるが危険と感じたことはなかった。
しかし今年は一昨日から記録的な積雪となって、状況が一変していた。
ある程度の斜面では雪崩はどこでも起こりうる。
前日から降った大量の雪で雪崩が起こった。
そしてちょうどそこを通りかかり巻き込まれてしまった。
運が悪かった。
1月12日 新潟市では昨夜から記録的な降雪となり、80cm、8年振りの豪雪とのことだ。
どうしても出かけなければならない用事があり、普通30分で行けるところ、3時間かかってしまった。
また、三条市では昨夜から列車が15時間も立ち往生して、今朝ようやく動き始めた。
突然の大雪で交通は大混乱だった。早く落ち着いてほしい。
1月8日 採れたての野菜の素材の味を生かした料理は美味しい。
今日は、カブ一束ざっくり刻み、しめじとカニ缶を入れ、味付けは塩と酒のみとシンプルなスープだ。
シンハビール片手に熱々を玄米もちと一緒に食べる。幸せだねえ〜
1月7日 以前は半日暇があると高速を飛ばして遠くの山に出かけたものだが、最近はさっぱりその気がない。
やはり50歳台までがいろいろな山に行けて一番良かったと思う。
ただ、海外は別。幸い良い仲間に恵まれて、あちこちに出かけるのが今一番の楽しみだ。
今年はどこに行こうか今からワクワクしている。
1月6日 年末年始の休みが終わったかと思ったら、すぐ3連休だ。
まあ、フルタイムで仕事をしているわけではないので、休みであろうが平日であろうが全く関係ない。
出かける時に休暇を気にかけないでいいということだ。
特に海外旅行の場合、何日も休まなければならないから休暇が取りづらかったが、今は全然気にしなくていい。
今度定年が65歳に引き上げられるという。
今だって、ほとんど再雇用で65歳まで働く人が多い。
寿命が延びたといっても、健康でいられる期間はあまり変わらない。
大事な期間を無駄にしなくて本当に良かったと思っている。
1月3日 これが冬かしらと思うほど雪も無く晴れの天気だったので、実家に行った。
窓を開け風通しを良くし、庭の大量の落ち葉を片付けた。
小屋の入口の波板が飛んでいたので修理した。
夕方から天候が下り坂になり積雪が5cm、やっぱり冬ですね。
1月2日 一日YOUチャンとSOUチャンの相手でした。
ちょっと見ない間にYOUチャンは私の背を追い越し、SOUチャンはおしゃべりでわんぱくになりました。
これからも元気に育ってほしいです。
1月1日 明けましておめでとうございます。
健康で新年を迎えられ嬉しく思います。
今年はいったいどんな年になるでしょうか。
美味しいものを沢山食べ、体を動かし、今の健康を維持するよう頑張りたいです。
皆様にとっても素晴らしい年になるよう祈ります。一年間よろしくお願いします。