ホーム >> Download

  Microsoft IME用 DvorakJPローマ字定義ファイル  
MS-IME用は英語/日本語キーボードどちらでもお使いになれます。
文字制限のため機能は限定的です。二重母音/撥音の拡張入力は機能せず、
拗音拡張(「きゃ」等のコンビネーションキー拡張入)力のみの提供になります。
     
ファイル
説明
方式
Win98-MSIME98-DvorakJP v1.0.zip Windows98をお使いの方 IME98ローマ字定義ファイル レジストリ
WinME-MSIME2000-DvorakJP v1.0.zip WindowsMEをお使いの方 IME2000ローマ字定義ファイル レジストリ
Win2000-MSIME2000-DvorakJP v1.0.zip Windows2000をお使いの方 IME2000ローマ字定義ファイル レジストリ
WinXP-MSIME2002-DvorakJP v1.0.zip WindowsXPをお使いの方 IME2002ローマ字定義ファイル レジストリ
     
  JustSystem Atok用 DvorakJPローマ字定義ファイル
文字制限のため、一部使用頻度の低い組み合わせの拗音+二重母音/撥音拡張入力は、
お使いになれませんが(「ひぇい」を「hn」+「.(ei)」等)、実用上問題ない程度だと思われます。
勿論、正則通り、若しくは拗音拡張のみを使った入力は可能(ひぇい」を「hn」/「hy」+「e」+「i」)。
     
ファイル
説明
方式
Atok-eng-DvorakJP v1.0.zip 101/104/107英語キーボードをお使いの方
Atok14・15・16各バージョン用ローマ字定義ファイル
Atokスタイル追加
Atok-jp-DvorakJP v1.0.zip 106/109/112日本語キーボードをお使いの方
Atok14・15・16各バージョン用ローマ字定義ファイル
Atokスタイル追加
     
  UNIX用 DvorakJPローマ字定義ファイル
VJE delta窓使いの憂鬱及びcanna用ローマ字定義ファイルを太田様より許可を得て再配布しています。
実現機能については未検証です。
     
ファイル
説明
方式
dov-jp-vje.lzh VJE delta及び窓使いの憂鬱用ローマ字マッピングテーブル  
dov-jp-canna.tar.gz canna用ローマ字マッピングテーブル  
     


 トップへ戻る