あじときゅうりの
梅ちらし

【 材 料 】(4人分)


あじの開き
きゅうり
たまご
白ごま
青しそ

合わせ酢の材料
 梅干し
 酢
 砂糖
 塩
3合
3尾
1本
2個
大さじ1
5〜6枚


大3個
1/2カップ
大さじ1と1/2
ひとつまみ
梅と青しそでさっぱりと仕上げた夏のお寿司です。
梅干の塩気が強いようなら合わせ酢に塩は要りません。
海苔で巻いて、手巻き寿司にしても美味。

 
【 作り方 】

1 米は洗って同量りやや少なめに水を加え、昆布(7×7cmくらい・分量外)を加えて
  やや硬めに炊き上げる。あじの開きはグリル等でこんがり焼いて身をほぐしておく。
  きゅうりは薄くスライスして塩小さじ1(分量外)をふってしばらくおき、水気を絞っておく。
  青しそは千切りにしてさっと水洗いし、水気を切っておく。 

2 たまごは小さめのなべに割りいれてほぐし、砂糖小さじ1と酒大さじ1(分量外)を加えて
  混ぜて中火にかける。菜箸4〜5本で絶えず混ぜながら炒って細かい炒りたまごを作る。

3 合わせ酢を作る。梅干は種を取って包丁で叩いて細かくしてボウルに入れる。酢と砂糖、
  塩も加えてよく混ぜておく。

4 飯台か大きめのボウルに炊いたご飯を加え(昆布は取り出す)、3の合わせ酢をしゃもじに
  添わせるようにして回し入れ、切るように混ぜてすし飯を作る。ほくしたあじ、きゅうり、
  炒りたまご、白ごまを加えて手早く均一に混ぜ合わせる。

5 器に盛って千切りにした青しそを散らしていただく。

copyright(c)やさしい食卓