里芋の煮っころがし

【 材 料 】(4人分)
里芋
だし汁
砂糖
しょうゆ
みりん
600g
2カップ
小さじ2
大さじ2
大さじ1

ぬめりを取り除き、下ゆでするひと手間が、味染みの良い煮っ転がしを作るコツ。
先に砂糖だけで煮てからしょうゆを加えるとしっかりした味がつきます。
面取りをすると煮崩れにくくなるのでお好みでどうぞ。

【 作り方 】

1 里芋は洗って厚めに皮をむいて(大きいものは斜め半分に切る)
  ボウルに入れ、塩少々をふってもみ、ぬめりを出す。水洗いして
  ぬめりを流したらなべに入れてかぶるくらいの水を加え、火にかける。

2 沸騰したら吹きこぼれないよう強めの中火にして4〜5分ほど下ゆでする。
  ザルにあけ、ぬめりを洗い流して水気を切る。

3 なべを洗ってだし汁を加えて強火にかけ、煮立ったら2を加えて
  中火にする。砂糖を加えて3分ほど煮たら、しょうゆを回し入れて
  落としぶたをする。そのまま煮汁が少しになるまで強めの弱火で
  煮含めて行く。

4 ほぼ煮汁が無くなったら落としぶたを取ってみりんを回し入れ、
  なべをゆすって全体に行き渡らせる。火を止めて味を含ませてから
  器によそっていただく。

    

copyright(c)やさしい食卓