長谷山北ノ院 大 行 寺





当寺は 真宗佛光寺派(宗祖、親鸞聖人)に属し 長谷山北ノ院と称します。





〒600-8083 


京都市下京区
仏光寺通高倉東入西前町380


TEL・FAX 075-341-7010


 開基は勅許上人位権少僧都正定閣信暁学頭で
文政4年12月25日 
京都高倉西奥之町の月見御殿(豊臣秀吉が月を賞した御殿)跡に建立されました。

その後 嘉永6年12月2日 当地に移され 元治元年の兵火等 度々の災火により焼失し
現在の本堂は昭和4年6月30日に再建されました。




境内




本堂内


開基信暁学頭は
佛光門主23代随応上人 24代随念上人 25代真達上人の師範であり

佛光寺教団 約800年の長い歴史の中で二人しかいない最高の学頭を授けられました。




信暁学頭絵像


 佛光寺版教行信証・御勧章の開版に尽力され著述も多く
特に『山海里』36巻は有名であります。

宗学 その他に偉大な功績を残し
安政5年6月14日 85歳にて入滅されました。