パリ編・ドッグショー1

さて、ちゃまママ一行は、ドイツ・バーデンバーデンからユーロシティに乗ってパリへ。
今回、旅のもう一つのお楽しみ【パリショー】を見学しました!

  
パリに着いて翌日、市内を歩いていると
広告の看板を発見しました!
日本の競馬界の憧れ、ロンシャン競馬場。
ここがショー会場なんですよ〜!


       走路の内側は出陳者の駐車場とリンク(メインリンクと各ブリード)65個分とパドックと売店などが
       あるにもかかわらず十分な広さがありました。私達が見学したのは訳あって1日目だけでしたが
       この日は第1(牧羊犬等)、第2(ピンシャー、モロシアンタイプ等)、第9(コンパニオン&トイ)の
       3グループの審査が行われました。

出陳目録を見ると、ドーベルマンは
83頭も出陳されていました・・・。
そして毛色別に審査されていた様です。
なんせ目録が仏語なので??なの。(笑)

出陳されていた殆どがヨーロッパタイプ
でした・・・。

最近では日本でのショーでも見られる
様になったレオンベルガー。
当時、日本では見かけない犬種だったので
初めての対面で感激しました!
「うわぁ〜、でっかいなぁ・・・」て印象。(爆)

上の写真は出陳前のおばさん。
ステイポーズを練習してる所・・・。
みんな結構のんびりしてました♪

ニューファンドランド セントバーナード
バーニーズマウンテンドッグ ピレニアンマウンテンドッグ

まだまだ写真は沢山あるのですが、一気に載せるのは大変なのでまた今度・・・。
次回も大型犬が続きます!珍しい犬種も紹介するのでおたのしみに〜!!


戻る