福祉車両の選び方・使い方から、大手メーカーに対応した車いす収納装置、運転補助装置つき教習車のある車椅子対応自動車学校その他、役に立つ情報リンク集。

自動車メーカー・販売店

おすすめの車種

運転者が車いす利用者で、かつ車いすを自分で積み込むことを考えている方は、2列目スライドドアの車(ミニバン・ミニミニバン)をおすすめします。運転席の後部に収納するスペースを確保できます。以下、主要メーカーの一例です。

次のような、運転席側のドアが観音開きの車種も検討に値します。やや稀少です。

  • BMW:i3
  • MINI:クラブマン Clubman
  • ホンダ:エレメント Element
  • マツダ:RX-8
  • Saturn:SC

車いすに座ったまま乗り降りできる車を考えている方向けには、スロープまたはリフトで後部から乗り込む「車いす仕様車」と呼ばれるタイプがあります。こちらは車いす利用者以外の方が運転する自動車です。

  • トヨタ:ラクティス、シエンタ、ヴォクシー、エスクァイア、ノア。選択肢が多い。
  • ホンダ:フリード。
  • 日産:セレナ、キューブ、NV200。
  • -
  • 全国軽自動車協会連合会:スズキ、ダイハツ、スバル、マツダほか軽自動車の車椅子搭載車の一覧。

全般に言えることですが、小さめのエンジンの自動車は馬力が足りず不満が募ることになるかも知れませんので、それなりの大きさの車をおすすめします。

役に立つ情報

新車・中古車の福祉車両探し

まずはネットで情報を集めるのが上手く買うコツです。

中古車査定

車を買い替える際はディーラー経由の下取りもありますが、比較検討するためにも事前にネットで査定してもらい、そのデータを手元に用意しておくことをオススメします。

【カーセンサー】福祉車両も探せます。