農産物の栽培表示

農産物の栽培方法を表現することばは、

1.有機栽培
:2年以上、無農薬化学肥料で経過した土壌で栽培
有機農産物、有機栽培、有機オーガニック、有機無農薬、無農薬有機
転換期間中有機栽培
有機栽培(転換期間中)

2.特別栽培
:従来の生産方法よりも農薬や化学肥料を減らした栽培
無農薬栽培、完全無農薬無化学肥料栽培、有機質肥料、有機100%肥料
減農薬栽培、減化学肥料栽培

3.特に基準はない

低農薬、省農薬、清浄野菜、健康野菜

の3種類に分けられます。
栽培方法の定義
有機農産物
有機栽培
有機オーガニック
※有機無農薬
※無農薬有機
(※は独自の表現)
有機JASマーク
無農薬(天然系農薬使用可)、化学肥料を使用しない農作物で、栽培開始2年以上のもの。
(果実等の多年生作物は収穫前3年以上)
野菜や米などの農産物、豆腐や醤油、パンなど、産物から作られる加工食品で、有機やオーガニックという名前を付ける商品には、H13年4月から“有機JASマーク”を表示しなければならない。
転換期間中有機栽培
有機栽培(転換期間中)
有機農産物と同様、無農薬(天然系農薬使用可)、無化学肥料を使用しない農作物で、収穫前1年以上のもの。
無農薬栽培
※完全無農薬
(※は独自の表現)
農薬を使用しない方法により生産された農作物(注意:その作物を栽培している期間中だけの制限。栽培期間前後の農薬使用は一切制限なし)
無化学肥料栽培
※有機質肥料
※有機100%肥料
化学肥料を使用しない栽培方法により生産された農産物(注意:その作物を栽培している期間中だけの制限。栽培期間前後の化学肥料使用は一切制限なし)
減農薬栽培 農薬の使用回数を従来より5割以下に削減。
(注意:地域格差がある)
減化学肥料栽培 化学肥料の使用量を従来より5割以下に削減。(注意:地域格差がある)
※低農薬
※省農薬
※清浄野菜
※健康野菜
一切制限なし
(注意:JAS規格とは一切関係ない)

エコマークなど商品表示一覧  
生鮮食品の表示 ・ 加工食品の表示 ・ 農産物栽培表示の本物の見分け方

エコ商品、食品表示ラベル
トップページへもどる