三徳山に登ったあと、巨石群で有名な小鹿渓(おじかけい)に行き山野草を観察、そこからもうひとつ牧滝山不動滝を見るためにクサリの岩場を登り、白糸の滝ならぬ水量が細くなった滝を見学したあと、一路宿泊場所の蒜山へ、JFEの保養所「ひるぜん荘」で宿泊、今回のリーダーTさんがJFEのOBなので、安く泊まることが出来ました。Tさんに感謝!翌日5月14日は、蒜山三山(上蒜山、中蒜山、下蒜山)の隣の山、二俣山(ふたまたせん)1113m、皆ヶ山(みながせん)1159mに登って新緑を楽しみ、帰りの途へ・・・・・・・・・・・・
それにしても、ホテルの食事は美味かったなあ・・朝の食事は食べ放題、飲み放題!(バイキングだから当たり前だよね)特にコーヒーは美味かった!

出合った花たちです。ご覧下さい。

「 チゴユリ 
「 レンゲツツジ 」
印象的な影が映えて・・・

「 ツクバネソウ 」

「 クルマバソウ 」 の群生

「 ガクウツギ 」

「 ハグロトンボ 」

「 タニウツギ 」

「どうして恥ずかしそうに顔を隠してるの?」
  「・・・貴方が眩し過ぎるから・・・」

出たばかりの 「 ギンリョウソウ 」

(小鹿渓では、この花が大きな岩にびっしり咲いていた。)

「 マンネングサ 」

「 イワカガミ 」の群生

まさに紅一点、

「どうしたの?」
 「いえ、なんでもないわ・・・ 」
「なぜか寂しそうだね・・・」
 「また、逢えるよ。元気を出して・・」

      そっと、肩を抱く番人であった。

牧滝山不動滝へ行く途中で見つけたホコリダケ。木の枝でつついてみたら・・・花粉症になるような粉がブーと出た (~_~;)

「 ホコリダケ 」

「 オオツクバネウツギ 」

「 クロモジ 」 の花 (高級ツマヨウジになる木)

お昼を食べた所で、ちょこちょこと出てきたヒナ・・・巣から落ちたのでしょう。近くで親鳥の鳴き声が聞こえていました。
そーと木の下に逃してやりましたが、無事、親鳥に見つけてもらったかなぁ〜。(キセキレイのヒナ)

「 ホソザキツリガネツツジ 」

(二俣の頂上付近)

  「 ヒナスミレ 」の一種?(葉の裏が赤かった)

  「山には物語がある。色んな人生を歩いてきた人たちが見る花や木・・・それぞれの人生を重ねて想             いに耽る時間があってもいい・・・・・・・。」
                                         いなかのばんにん
どんな苦労もいとわない。貴女のの明るい笑顔を見るために・・・・・・・

「 テンナンショウ 」

「 ダイセンミツバツツジ 

イトトンボやこのカワトンボがいっぱい飛んでいた。歩いている手に止まって愛想をしてくれました 」

「 カワトンボ 」