旭川で購入した本・・・・・・・「上野さんの庭仕事」−上野砂由紀   
                「北の大地の夢見るガーデン」−上野砂由紀
                「静かな大地」(文庫)−池澤 夏樹
5日の朝、旭川空港へ、レンタカーのガソリンを満タンにして、空港近くののレンタカーの事務所へ車を返却に行き、そこから車で空港まで送ってもらった。行きは全日空、帰りは日本航空、それも4回も乗り換え・・飛行機が怖くて今まで乗ったことのない人魚姫にとってはヒヤヒヤの連続だったに違いないが、一言・・「案外怖くなかったね」 (^^♪ 
「でも、いい旅行だったね。最後の日は花火も見れたし」 「うん、最高の旅行だったね」 「次は、どこへ行こう?」「韓国かな〜」「インドかな〜」   
先ずは、お目当てのアザラシ館に直行、ここでもなが〜い列・・・順番を待ってやっと入ってアザラシが有名な筒の中に来るのを待つ・・これもまたなかなか筒に入って来ない。上から降りてくるのか下から入って来るのか、カメラを構えて待っていると、「来た!」の声に驚いて見ると気持ち良さそうにスーっと通り抜けた。その時、みんな大歓声!!! 考えてみるとただ水の筒の中を通り過ぎるだけなのにこんなに喜べるなんてね〜。これを考えた人はえらい!!(^^♪
そして、ペンギン館、シロクマ館に並び・・、まるでディズニーみたい(行ったことはないけど (-_-;)) 
完
北海道 自由気ままに」  後編
羽田の待合室で待っていると、機長、副機長、室内乗務員4名がなにやらうち合わせ中。番人が乗る飛行機の乗務員だった。それにしても、客室乗務員たち、全員ほんと美人揃い!!! ですよね〜(^^♪
白金温泉を出て、旭山動物園ー果樹園のカフェー上野ファームー旭川駅前のホテルへ。
旭川で夜、街中を散歩していると、浴衣姿の若い人たちが、ぞろぞろ大通りを同じ方向に向かって歩いて行っているので、「何かあるの?」と聞いたら、花火があるんよ」とのこと、それではとみんなについて歩いて行ってみる事にしたのだが、これが長い・・・途中大きな公園があったので、そこの芝生に座っていたら、家族連れなどが、同じ所に座りだした。あ〜ここでも花火が見れるんだ。8時過ぎた頃、ドカン!と花火が上がり始めた。後で聞くと公園を過ぎたところに石狩川があり、その河川敷が花火会場になっていたとのこと。
旅の終わりは花火だった・・・。
旭山動物園
動物園の改革者、旭山動物園。一気に有名動物園になり、開館9時30分にならないのに無料駐車場は満車状態に・・番人たちは9時15分に入ったのですが、やっと無料の駐車場に入れ、ホッとして正門に行くと、これまた二重三重の長い列!!! (^_^;)