2006年8月4日〜7日

猿倉〜白馬尻〜大雪渓〜白馬岳〜三国境〜鉢ヶ岳〜雪倉岳〜白馬岳

1230m

2932m

2563m

2611m

大雪渓と花の山、白馬岳。北アルプス白馬岳は稜線を彩る高山植物と大雪渓が楽しめる山で、猿倉荘から登山道に入る。キヌガサソウが咲き乱れる白馬尻を過ぎるといよいよ大雪渓の登りだ。登山靴にアイゼンを付け中腹の葱平(ねぶかっぴら)まで約2km、天狗菱の岩峰を見ながらひたすら雪上を登る。

登山口、猿倉から1時間で白馬尻小屋に着く。ここから大雪渓の取付まで15分。

夕食

ハクサンコザクラ

キヌガサソウ

サンカヨウ

オオバミゾホウズキ

エンレイソウ

白馬大雪渓

大雪渓の取付でアイゼンをつける。雪渓には亀裂が入り両端は空洞になっているので赤いベンガラの印をつけてあるルートを一列になって歩く。

シロウマアサツキ

落石注意!

クルマユリ

ミヤマオダマキ

オオカサモチ

雪渓の下は危険な大穴が口を開けている!7月に起きた崖崩れ(後部)のため迂回路を歩く

シロウマタンポポ

大雪渓を渡り終えると葱平に続く

可憐な高山植物の花たちに励まされながら小さな沢や急登を行くと小雪渓に取り付く

白馬岳 花登山