住みよい家づくり 茨城県神栖市の工務店 おかげさまで創業 41 周年  I-Brand  I-Pride
Y         伊井工務店        TEL:0299-96-5675    FAX:0299-96-7577  
 
 木造建築総合請負/木造在来軸組工法/設計施工・不動産/売買/仲介

  
  伊井工務店 公式HPへようこそ!

ご来場有難うございます。当社ならではの情報がぎっしり詰まっておりますので、是非とも住宅建築ご検討に、ご活用ください。

     住みよい家づくり     
   サイト一覧       
 TOPページ     土地情報     
 新築住宅       不動産事業部   
 新築/規格型プラン  完成現場画像   
 リフォーム      外構エクステリア 
 資金計画       赤い柱      
 会社概要       お問い合わせ   
 Information        その他諸費用等  



       Information
更  新  ペ  ー  ジ 記     事     内     容 日 付
 NEW  新築住宅        新築工事 応援キャンペーン 2017 の情報を公開致しました。 H28.12.30  
 NEW  完成現場画像       情報を更新致しました。 H28.12.30  
 不動産事業部       秋冬キャンペーン「不動産購入売却支援」の情報を公開致しました。 H28.10.8  
 Information           現在多忙の為、HP更新が遅れました事、ご容赦下さい。 H28.10.8  
 TOPページ        サイト内を改修致しました。 H28.7.4  
 新築住宅          情報を更新致しました。 H28.7.2  

 
  
  
  キャンペーン情報         開催期間:平成28年9月1日〜平成29年1月31日
       不動産購入売却支援
         土地売買 仲介手数料0円キャンペーン 実施中!
       



  キャンペーン情報         開催期間:平成29年1月1日〜平成29年6月30日
 エコノミー&エコロジー企画
   新築工事 応援キャンペーン 2017  
    太陽光発電設備設置販売     
       



  特 集           
 
 「い草の香る安らぎ」和畳特集!



  住宅建築現場見学      
  当社の工法は、日本の代々受け継がれる伝統工法・木造在来軸組工法が基本設計です。この工法は、壁の配置に制約が少なく、大きな開口部の設置・通風採光に優れる間取の設計にも自由にアレンジできる工法で、自由設計に最も最適な建築工法と言われています。また、増改築・屋根形状変更・柱抜き・間仕切り撤去などの大工事になりやすい現場においても、大いに活用応用できる万能工法です。現場見学を通して、今後のご自宅の新築・リフォームの参考にして頂きたいと思います。尚、お客様の大切なお住まいですので、建築現場の保全管理、また、来場者様の安全上の関係から、予約制とさせて頂きます。



  木造建築 協力業者募集   
 協力施工業者様・大工職人・大工見習い 募集中です 
 

1000万円からのハイグレード注文住宅
低コスト&ハイグレード住宅(完全自由設計)
    住みよい家づくりへのこだわり   
新築工事・リフォーム工事とも当社こだわりの設計です。
 ■木造在来軸組工法が基本設計

日本の歴史で代々受け継がれる伝統工法です。壁の配置に制約が少なく、大きな開口部、通風や採光に優れた間取りを自由にアレンジすることができる為、自由設計に最も最適な建築工法であり、また増築・改築などにも対応しやすい万能工法です。近年では、様々な事柄が合理化され、耐久性も更に強化されています。
 ■構造強度割増設計の頑強な木造構造躯体

建築基準法の構造計算により算出した構造強度に、更に構造強度割増設計した構造躯体を当社の基本設定としております。耐震・耐風強度を高め、また床組・屋根組・壁などの構造材においても、材木をふんだんに使用して構造躯体の頑強さを向上させております。 
 ■基礎の基本仕様は、高耐久べた基礎仕様

 住宅瑕疵担保責任保険仕様の高耐久べた基礎です。基礎の底盤全体が一枚のプレート状になっており、建物の重量を鉄筋コンクリート面全体で支えるため、重量が分散され安定した支持耐力を発揮します。
 ■屋根の基本仕様は、洋瓦葺き仕様

CASBEE建築物総合環境性能評価システムでは、瓦の耐久年数は60年、化粧スレートの耐久年数は30年と評価されており、瓦の耐久年数は屋根材として最高レベルといえます。当社では屋根材最高レベル商品の洋瓦を基本仕様としています。近年「瓦は屋根が重くなるから・・」と耐震性に疑問符をつけられておりますが、現在の建築基準法では、屋根の重さに合わせて構造体を設計するため何ら問題はありません。言い換えれば、瓦が乗っている住宅は、より強度な構造体だとも言えます。耐火・耐水・耐寒・断熱・遮音性能にも最良です。 
 ■外装意匠デザイン設計

現代の「シンプルモダン」「和モダン」など、外部の部分色を替えたり、段差などの奥行き・飾り柱など、住宅を引き立たせる意匠デザインを取り入れています。屋根材・外壁材メーカーと連携して、外観パースを起こす事が出来ますので、多種にわたる色調・柄などから、お客様のお気に入りの意匠デザインをご提供致します。  
 ■内装空間設計/使い勝手重視から始まる意匠デザイン

末永くお住まいになるお客様にとって、使い勝手の良い住宅がベストと考えます。当社では、使い勝手の良いプランニングから更に機能性を向上させる意匠設計、室内空間を彩るデザイン設計を取り入れて、室内空間配慮の行き届いた生活環境をご提供致しております。
  ■こだわりのオーダーメイド意匠デザイン

「既製品では物足りない!」と、そんなお客様の声にお答え致します。「こういうの出来ないかな?」「住宅雑誌に掲載されてるの造れるのかな?」と言うご要望でも全く問題ありません。現場工事経験からあふれ出る多彩な建築ノウハウと、数々の細かな収まりを理解しているからこそ出来るオーダーメイド意匠設計です。大まかなイメージさえ教えて頂ければ具現化してみせます。是非、お客様こだわりのマイホームづくりに取り入れて頂ければと思います。
  ■現場叩き上げからの技術的提案力

大工職人として現場工事の数々の収まりを経験し、仕上げ材の収まりを理解しているからこそ出来る技術提案です。間取り設計段階から個々の急所を押さえたプラン提案をしております。また住宅建材商品の扱いにも長けているため、多彩なバリエーションも組めます。背景には、地に足のついた工事技術(施工技術)があります。

  ■当社の魅力 

今も尚、進化し続ける木造在来軸組工法の頑強な構造躯体に、技術的提案力から始まる使い勝手重視の完全自由設計。お客様仕様のコンセプトで、生活空間配慮の行き届いた多彩な設計プランのもと、「お客様専用住宅」の「満足安心快適空間」を、お届けいたします。
●頑強な構造躯体 ●技術的提案力
●使い勝手重視の完全自由設計 ●オーダーメイド対応可能
●大空間(2.5間×3間)設計可能 ●意匠デザイン設計
●商材メーカー全てから商品選択 ●ローコスト住宅
●標準仕様 天井高2500o以上 ●自社施工(自社工事)
住宅瑕疵担保責任保険付住宅 ●地域密着型
●高品質構造材「赤い柱」取扱店 ●メンテナンス対応力
 ■ローコスト&ハイグレード住宅

自社施工の高度な施工技術で工事費を削減し、高性能商品の仕入れ単価を抑える事で、建築コストを削減しております。



 
次世代へ受け継がれる日本伝統文化住宅の未来へのStep!
300年以上受け継がれ続ける伝統工法!今も尚、進化し続ける施工技術!木造在来軸組工法!

  Step-1 ハイグレード住宅なのに低コストが実現
ハイグレード住宅
省エネ高品質+高耐久+高寿命+優良住宅設備+意匠デザイン+頑強な構造体+優良施工
相反している言葉のように思えるかも知れませんが、
必要経費を削減し、省エネ高品質の良質な材料・優良商品の仕入れ単価を抑えること、
また、自社施工の高度な技術で施工を行い、工事費を削減することで実現可能です。
ハイグレード住宅とは、見えない骨組みまでもが高耐久の頑強な躯体です。
当社の材木をふんだんに使用した、どっしりとした構造躯体。一目で分かる躯体の頑強さ。
そこから生まれる外観内観だからこそ、奥行きがあり、重厚感が生まれます。

芯の太い住宅・材木を活かす施工技術+優良建築設備+意匠デザイン、是非お住まいになってください。

Step-2 地震に強い家 本当に丈夫で安心な家
地震に強い家=「丈夫で長持ち」する「木造在来軸組工法」
現在の耐震基準の住宅は倒壊しませんが、更に割増強度設計致しております。
丈夫な家とは、見えない部分「木造構造躯体」にあり、この部分をしっかり頑強にすることで、丈夫な家になります。
「木造構造躯体」は、建物の耐久性を左右する重要な部分です。また、建物の耐用年数(築年数)にも反映します。
近年、様々な建築工法がありますが、100年間住宅を持たせる建築工法のお勧めとしては、やはり「芯の太い柱仕様の木造在来軸組工法」です。
「木造在来軸組工法」の場合、躯体さえしっかりしていれば、何度でも新築風にリフォームすることが可能であり、
また、耐震、制震、増改築、開口部新設、大空間等の間取り等に適した工法です。
どの分野のリフォーム工事に対しても柔軟に対応出来る工法がゆえに、近年でも多用化されている工法ですので、
「木造在来軸組工法」の住宅は、限りなく頑強で丈夫な家を造ることが可能な建築工法と言えるのではないでしょうか。
構造強度割増設計の頑強な木造在来軸組工法構造躯体、地震に強い構造躯体です。

「安心して暮らせる家」=「生活空間配慮」=「使い勝手・動線計画」
安心な家とは、「室内環境配慮・室内計画」の行き届いた落ち着いた空間であり、
住まれる方の「生活空間」が整っている住宅と考えております。
例として、空調・換気・採光・音響・色彩・断熱・臭気などの配慮、また、健康配慮・動線・使い勝手などがあります。
様々な事柄を綿密に結び付けて、繋げて、バランスをとって配慮することで、住まれる方の居心地よい空間が保たれると思います。
「個々の生活スタイル」「生活環境」は、人によって様々です。同じ間取り・使い勝手では無いと思われます。
「室内を歩く動線計画」「プライベートな動線」「水廻りへの動線」「来客の動線」「通路幅」など、
沢山の動線配慮を検討し、住まれる方独自の使い勝手を検討し、習慣性・スタイルを重視して、
そこに、室内環境設備等を織り交ぜることで、本当に住みやすい、住まれる方が何の不便なく生活出来る住宅になると思います。
「安心して暮らせる家」とは、住まれる方独自の生活空間配慮が行き届いた住宅です。
お客様専用住宅「満足安心快適空間」の「安心して暮らせる家」に、是非お住まいになって下さい。


Step-3 エコ住宅・環境に優しい住宅
       エコノミー  &   エコロジー   
          (経済コスト)           (環境問題対策)       


(経済コストと環境問題対策への取り組み)
現在の省エネ基準仕様住宅にすることで、毎月の光熱費削減などの配慮も実現出来ます。
オール電化・高断熱・太陽光発電・熱遮断ガラス・室内空調などの生活空間配慮による電力・燃料エネルギーの削減、
また人体に影響を及ぼさない健康素材等(自然素材・天然素材・自然薬液など)を仕様とした生活環境配慮による有害化学物質等の排出削減など、
省エネのエコ住宅から地球環境までを視野に入れた住宅造りが、近年の近代文化住宅の義務となりつつあります。
温暖化・大気汚染・電力供給・化石燃料(石油他)・資源再生・廃棄物などの世界規模の環境問題に取り組む今、
個人の省エネ価値観、また環境配慮が、次世代の未来を切り開くとも言われています。
今日において、各社商材メーカーでも開発が行われ、様々なエコ商品が発表されております。
節電節水省資源型商品・遮熱断熱商品・ソーラーシステム・緑化システム・環境製品・自然素材品・リサイクル品等、
ご興味がございましたら色々な商品をご提案致しますのでご相談ください。

これからの世代を担う子供たちの為にも、エコノミー・エコロジー住宅に積極的に取り組んで行きたいと考えております。

(身近なエコライフ)
余談にはなりますが、身近な事からエコライフは可能です。
使わないお部屋の照明は消し、エアコン温度は上げすぎず下げすぎず、お風呂の残り湯を洗濯機で使ったり、
換気は一番効果のある自然換気(窓を開ける)が効果的です。
環境配慮として、家庭ごみの分別はもちろん、資源ごみなどの分別など、出来る範囲で良いと思います。
エコライフ・環境配慮は、高額な設備投資しなくても、生活の心構えひとつで可能だと思いますので、是非お試し下さい。


Step-4 素敵なお住まいを建てるなら、やっぱり地場の工務店が一番!
メンテナンス視点からの1番
(将来的メンテナンス計画)
新築時の素敵なお住まいも、将来メンテナンスが必要な時期が訪れます。
だいたいの目安としましては、7年目〜15年目あたりでしょうか?
要因として、使用頻度・消耗頻度・摩耗頻度・気象大気環境による劣化などの要因があげられると共に、
建築部材は大抵の商品が消耗品という理由から、将来様々な部位のメンテナンス工事時期が訪れます。

お住まいの方にとって、急なメンテナンスほどお困りになる事だと思います。
故障修理の費用・工事日時期間等、今工事はしたくない、出来ないと言われる方も少なくございません。
こういう状況にならないように、ある程度の定期的な点検・将来的工事時期・概算修理費用をイメージしておくと良いと思います。
将来的メンテナンスを見据えることで、ご都合の良い時期に工事が可能になりますし、費用等の参考にもなります。
将来的メンテナンス計画のご相談・点検・お見積り等は無料ですので、お気軽にお申し付けください。
いつでも快適な住環境づくりを微力ながら応援致します。

(即対応・迅速な処理〜工務店の強み〜)
-工務店は各仕上材の下地造のエキスパート-
メンテナンスにおいて、単純メンテナンスの場合と修繕を伴うメンテナンスがあります。
「水廻り機器の故障」など、電設備業者1社でメンテナンスは可能かもしれませんが、
雨仕舞対策・害虫被害・人為的被害・災害等の場合、数社でメンテナンスを行います。
この場合、通常工務店が現場管理者になります。
なぜなら各仕上げ工事に精通し、工程計画の土台となる下地修理を行うからです。
ここに工務店の強みがあります。
メンテナンスを行う上で、仕上げ材だけ修理すれば直るケースもございますが、
仕上げ材だけでは直らないケースも少なからずございます。また仕上げ工事の精度も下地の収まりに左右されてしまいます。
そういった事にならないよう、メンテナンスを行う前に、まず工務店が下地状況を確認した上で工事を行う事が望ましい運びとなります。

また、数社によるメンテナンスの場合の連絡体系においても、工務店から各社への発注形態になります。
即対応・迅速な処理を行うためには、現状把握、各工事業者との連絡体系、各工事の収まり把握、工程計画をしっかり立て、
なおかつ、遠方の業者ではない地場の業者が必須になります。
普段から各社との連携をとっている地場の工務店だからこそ出来る処理能力です。

当社業務体制のもと、お客様の生活環境の維持保持をバックアップして、
お客様が生涯に渡り、安心して生活出来るような住環境づくりを応援致します。


Step-5 受け継がれる伝統文化住宅 職人の心得

明治大正昭和の時代から存在し続ける住宅群、手は加えられているもののまだまだ健康な住宅です。
そのお家で育ち、新たな家族が増え沢山の思い出のあるお家
当時の職人達はどういう風に建築してきたのでしょう。
現在みたいなマニュアルなど当時は存在さえなかった事と思います。また親方社長はおりますが、教えてくれない現場だったようです。
そんな中、職人たちは目で見て覚え、リズムの良い現場の音の中で育ちました。

リズムの良い音とは、釘を打つ音だったり、カンナで木を削る音だったりします。
技術は教えられて覚えるのではなく、幾多の現場を乗り越えて、体で覚えていくのです。
苦心の末に完成した住宅・目の前の材木と真摯に向き合って収めた躯体の急所・和室の世界など、

沢山の場面をつなぎ合わせて、初めて一棟の建物が完成します。

何もない土地の上に住宅が建ちます。

沢山の建築場面があります。

職人達の熱き思いを込めて、最大限の技術を振るって建築した住宅だからこそ、

丈夫で安心なお家が完成します。


体で覚えた伝統建築技術、見せて頂けた建築現場があってこそです。
一緒になって現場を乗り越えられてきたからこそです。

職人達の伝統建築技術、腕をふるってお客様にお答えしたいと思います。


旧モデルボタン 
TOPページ 施工写真集 規格型Plan
土地情報 不動産事業
新築住宅 会社概要 外構エクステリア
リフォーム お問い合わせ 過去イベント
 BookAntiqua    
 


Copyright(C)2010 Yasuhiro Ii
開設日 2009.7.17
Y


mudai